晩秋を彩る「小春日和」

「小春日和:雲ひとつない快晴が続いた。昼の月もくっきり。

 季節の言葉・小春日和

しばらく寒い日が続いていた11月後半。11月28日は朝から暖かかった.快晴の空が広がっても放射冷却で早朝は寒かったが、すぐに気温も上がり、午後はコート無しで外を歩けた。まさに「小春日和」という一日だった。

「小春日和」とは晩秋から初冬にかけてにみられる暖かく穏やかな晴天をいう(平凡社・気象の事典より)。陰暦10月の別称で、現在の11月から12月初めをいう。俳句では冬の季語だ。欧米ではインディアンサマーという。間違って冬の終わりの言葉と誤解している人もいる。

11月28日の福井市の最高気温は18.5度、前日より5度、平年より5.5度高かった。ほぼ一日中雲のない快晴だった。

午後4時頃もう夕暮れの雰囲気だが、いつもより空は明るく水も温かそうに見えた