小寒、雪はないが寒くなってきた・二十四節気

二十四節気・小寒

「小寒」は冬の5番目の節気で「寒の入り」の日。1月5日のことが多いが6日の年もある。ことし2018年は1月5日だった。

芸事やスポーツの寒中稽古が始まる日。「きじはじめてなく」「かささぎはじめてすをつくる」などの言葉がある。太陽黄経285度。

福井市の最低気温は1度ちょうどで、平年より0.1度、前日より0.7度高く冷え込みは感じられなかった。最高気温は5.7度で前日より1.4度高くなったが平年より1.6度低かく、日中は肌寒かった。

東京も最低気温1.4度、平年より0.1度、前日より1.4度高い平年並みの朝だった。昼の最高気温は6.3度、平年より3.7度、前日より3.3度低く、小寒らしい寒い日中とだった。

小寒の日、1月5日の朝の空

次の二十四節気は大寒。今年は1月20日となる。

今年もきれいな空を期待 その2

初日の出こそ見えなかったが2018年の正月は穏やかな天気だった。今年も美しい空との出会いを期待して、昨年2017年の月別の空を振り返ってみる。

(その2、7月から12月まで)

 

7月は紫陽花  色づく飛行機雲 遅い日没 雄大積雲

8月はサルビア 赤い夕日 台風接近風に流される雲

9月はそば畑 水に映るくっきり青空 曼珠沙華 

10月は流れる積雲  白いソバの花 遺跡の紅葉

11月は澄んだ空 茜色の雲 海の夕焼け 彩雲

12月は冬の始まり 富士山冠雪早  雪混じりの雨 光芒

その1 1月から6月

今年もきれいな空を期待 月ごとの空写真

初日の出こそ見えなかったが2018年の正月は穏やかな天気だった。今年も美しい空との出会いを期待して、昨年2017年の月別の空を振り返ってみる。(その1、1月から6月まで)

1月は冬空雪景色雪の日の青空 吹雪ホワイトアウト

2月はマガン冬鳥 雪原の夕日 梅の花 水温む田んぼ

3月は光の芸術、暈・幻日

4月は水仙の花 田んぼの夕日 散歩で見かけたアーク

5月は田んぼに映る電車 鯉のぼり 夕雲、麦畑

6月は雨模様 巻層雲、巻雲

 

稲を水に浸す睦月、今は人が集まる月

和風月名・1月は睦月 2018年

1月1日午後の虹。初日の出は見えなかったが空にアーチがかかった。

1月の和風月名は睦月(むつき)。身分の上下なく、老若男女、親族一同が集まって睦びあう月といわれるが、歳時記などでは稲の穂を初めて水に浸す月とも書かれている。気象好きとしてはこちらの意味をとりたい。旧暦の1月は現在の2月。ことし2018年だと2月16日が旧暦の1月1日となる。少しずつ水が温み始め田植えの準備を始める頃となる。また今年の1月1日は旧暦では11月15日となる。

新暦の1月は寒さまっただ中。正月で人が集まり寄り添うことから、睦月の意味も変わってきたのだろう。今年の1月1日も大平洋側では好天で初日の出が見えたところは多かったようだが、日本海側では曇りか雨や雪。福井県でも明け方はやや強い雨だったが、昼には青空も見えた。ことしも積雪はなかった。

和風月名・12月は師走

和風月名・2月は如月