雨水豪雪の屋根雪を溶かす・二十四節気

雨水・二十四節気

 「雨水」は国立天文台の「こよみ用語解説」によると「陽気がよくなり、雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる」日を指す。春、正月(旧暦1月)の季節の言葉だ。ことし2018年は2月19日だった。

 文字通り雪が雨に変わるころをいう。雪に覆われた地域に雨が降り、雪が溶けていく。

 記録的な豪雪となった北陸地方。130センチを越えた積雪のあった福井市では2月19日はまだ72センチもの積雪が残った。雨水で一気に積雪を減らしたい気分だが、最低気温がマイナス2.9度と低く、日中は7.3度まで上がったものの日は差さず、雨も降らなかったため、道路脇に高く積み上げられている雪の山はあまり低くならなかった。

 

 気温が上がり雨が降ると雪が溶けるのは事実。2月8日過ぎには寒波で積雪が最高になり、家の屋根も1メートル近くまでなった。雪下ろしも必要かと考えていたところ2月10、11日の天気予報は晴れから雨で気温はやや高め。

テレビで「雨で雪が水を含んで重くなりさらに危険が増す」という専門家の声を伝える一方で、これまでの経験から気温が高い日の雨で雪が減るという期待もあった。結果は雨で屋根雪が少しずつ減ってきた。

中央の棟が見え始め、端っこの軒の瓦も見えてきた。立春後の雪は、根雪とならないことを実感した。

次の二十四節気は「啓蟄」。旧暦2月の言葉だ。

2018年は3月6日。

いよいよ春が本格化する。

立春、北陸に青空広がるが「立春寒波」警戒も

二十四節気・立春

立春の高岡の空、雪が舞ったり青空が広がったり

 ほぼ15日間隔でやってくる二十四節気。最も寒いとされる「大寒」の次にくるのが「立春」だ。

 旧暦ではこの立春の日が1年の始まりとされる。八十八夜、二百十日など立春から数える。

 春が立つ日。心うきうきする響きがある。でも実際はまだまだ寒いことが多い。

 2018年の立春は2月4日。天気予報では「数年に一度」の寒気が近づいているそうで、日本海側を中心に8日ごろまで大雪の恐れがあるという。「立春寒波」に警戒を呼びかけている。

 

 富山県高岡市は朝にはうっすらと新雪があり、小雪が舞っていた。昼前には青空も広がり、「立春」にふさわしい穏やかな天気となった。道路や駐車場の新雪も昼過ぎにはほぼ消えた。

 次の二十四節気は「雨水」。ことしは2月19日

春を呼ぶ節分、でも今年は寒波また接近

雑節・節分とは

節分の夕方、明るい日差しに恵まれた=高岡市

節分は雑節の一つで実は年に4回ある。

旧暦の季節の始まりである、二十四節気の立春・立夏・立秋・立冬の一日前をいう。ちょうど季節の変わり目を意味する。

 でも今は一般的に節分といえば2月

立春の前日をいうことが多い。

やはり冬から春への変化、寒い冬から暖かい春への変化を望む人々の心が季節の移り変わりの象徴として春の節分に強い思いが集まったのだろう。

 鬼の伝説も多く豆まきの風習は各地に広がっている。巻きずしを食べる恵方巻など新しい風習も出てきている。

 2018年の節分は2月3日。日本海側では雪も一段落し、比較的あたたかな日だった。

 節分が近づくにつれ、いったん寒気も消え、大雪で街を覆っていた雪もどんどん消えていった。

1月は雪が降る日が多く屋根の雪も多い
節分の2月に3日には屋根の雪もかなり減った

 

4日は立春。春が近づいてくるはずだが、実際の天気は4日から再び寒気が下りてくる。もうしばらく寒い日が続き雪も懸念される。「節分寒波」「立春寒波」という言葉が毎年のようにニュースに出てくるように節分、立春はまだまだ寒い。

次の雑節は彼岸の入り

節分の日の夕景=富山県高岡市