穀雨でも晴れ続き、でも田んぼには水

二十四節気・穀雨

穀雨の4月20日。雲ひとつない晴天続く

 1年を24に分けて季節を現す二十四節気のうち、春の最後の節気だ。2018年の穀雨は4月20日。

 世の中が明るく春らしくなる清明から15日。穏やかな雨が降り、穀物が芽吹き成長していく。そんな意味合いがある。

 「百穀春雨」とも言われる。

 春の雨が百穀、いろんな穀物を潤し育てていく。

 今年は清明のあと晴天が続いている。穀雨の4月20日も晴れ。曇り空の日はあったが4月11日以来雨を見ていない。畑や空き地の地面が乾いている。

 それでも草花は元気に育っている。乾いた感じはしない。

 田んぼには水を引き入れるところが増えて湖や池のような雰囲気。雨がなくてもしっとりとしている。

春の季語でもある

「水郷に櫓の鳴き昏るる穀雨かな」 市川花庭

 穀雨の次の二十四節気は立夏。既に気温が25度を超える夏日も、地域によっては30度の真夏日も現れているが、暦の上でも夏がやってくる。

前の二十四節気は清明