北陸地方梅雨入り。東北北部除き列島全域

新潟地方気象台は6月10日北陸地方が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より2日、昨年2017年よりも15日早い。東北地方南部も同時に梅雨入りし、梅雨のない北海道を除けば、日本列島で梅雨になっていないのは東北北部だけとなった。

ことしは全国的に梅雨入りが例年より早い。沖縄は平年よりも1日、昨年より5日早かった。九州北部と四国は平年よりも8日、昨年よりも23日も早かった。

近畿、東海、関東甲信は6月6日に梅雨入り、平年より2日早く、昨年より近畿は14日、東海は15日早かった。前年梅雨入りの早かった関東甲信は前年より1日早かった。

朝からどんよりとした曇り空が広がった6月10日の空=福井県あわら市

新潟地方気象台が梅雨入りを発表したものの福井県は曇り空が広がるもののほぼ雨が降らなかった。石川、富山もほぼ同じだった。では気象台のある新潟が雨降りで梅雨明けしたのか。気象台の観測データやアメダスの数字を見てもあまり雨が降った様子はない。

11、12日の天気予報は全体に雨模様。梅雨前線が大平洋側に停滞し、台風も近づこうとしていることからここで梅雨入りを発表しないとタイミングが遅れるとの心理が気象台の担当者に働いたのだろうか。