気象ニュース(5・6月)早い梅雨

5月6月の気象ニュース

梅雨入り例年より早く梅雨明けも早く

【梅雨入り】沖縄地方が5月8日梅雨入りした。平年より1日早く、昨年に比べ5日早いという。

【梅雨入り】5月26日、九州南部地方が梅雨入りした。

【梅雨入り】5月28日、九州北部(山口、福岡、大分、佐賀、熊本、長崎)と四国が梅雨入りした。いずれも平年より8日早く昨年より23日早い。

【梅雨入り】6月5日、中国地方(九州北部に含まれる山口県を除く)が梅雨入り。平年より2日早く、昨年より15日早い。

【梅雨入り】6月6日、近畿、東海、関東甲信が梅雨入り。平年より1〜2日早い。昨年に比べて近畿と東海が約2週間、関東甲信が1日それぞれ早くなった。

【梅雨入り】6月10日、北陸と東北南部が梅雨。いずれも平年より2日早い。昨年と比べると、北陸は15日早く、東北南部では20日早い。

【梅雨入り】6月11日、東北北部が梅雨入りした。平年より3日早く、昨年より20日早い。

【台風】6月15日午前9時ごろ、沖縄・与那国島の西南西約340キロで熱帯低気圧が台風6号になった。

【梅雨明け】6月23日 沖縄地方が梅雨明け。平年並みで昨年より1日遅い。梅雨入りは5月8日ごろだった。全国で最初の梅雨明け

【梅雨明け】6月26日 鹿児島県の奄美地方が梅雨明け。平年より3日早く、昨年より3日早かった。梅雨入りは5月7日ごろだった。

【梅雨明け】6月29日 関東甲信が梅雨明け。関東甲信が6月に梅雨明けするのは統計を始めた1951年以降で初めて。昨年より7日早く、平年より22日早い。