小暑、梅雨明けるころのはずが大雨

二十四節気・小暑

7月7日は二十四節気の「小暑(しょうしょ)」、七夕でもある。

梅雨明けが近づき暑さが本格的になるころを意味する。蓮の花が咲く頃ともされている。2018年は7月7日。7月6日になる年もある。この日から暑中となる。

7月7日小暑は時折強い雨。地域には避難勧告も出ていた

小暑になってもまだ梅雨入りがなかった年は気象庁の発表上では梅雨がなかった年となる。

小暑は実際の天気とは違った年も多い。7月の初めはまだ梅雨で、特に梅雨末期の大雨に見舞われることもある。

2018年も梅雨が明けていたのは関東と沖縄だけ。それどころか九州南部から中国、四国、中部地方の西部では大雨警報や洪水警報がでる激しい雨が続いている。特別警報がでた県もあり大勢の犠牲者もでた。

気温も前週は最高気温が35度を超える猛暑日もあったのにこの2,3日は肌寒い。七夕でも空は雲に覆われ、天の川が見えない。

小暑は夏の季語

「部屋ぬちへ小暑の風の蝶ふたたび」 皆吉爽雨

「一本の細書きを購ふ小暑かな」 勝俣一秀

前の二十四節気は夏至 6月21日

次の二十四節気は大暑 7月23日