命に関わる猛暑続き、夏土用入り

雑節・夏土用

「土用」は季節の変わり目を象徴する年に4回ある。4月の春土用に続くのが夏の土用で土用の丑の日に、全国でウナギを食べる風習がある。4つの土用のうち夏の土用が広く知られている。2018年は7月20日が土用入りで立秋までの18日間。

 7月20日が春土用入り

 7月20日と8月1日が丑の日

 8月6日が土用明け

 8月7日が立秋

丑の日にちなんで「う」のつくものを食べる習慣がある。万葉集のころから風習はあり、江戸時代に平賀源内が広めたという「ウナギ」を食べることが広がっているが牛の肉、ウリ、うどんを食べることも。これから本格化する夏を乗り切る体力をつけようという習慣だ。

土用の前から猛暑が続く。大地に蒸気が立ち霞む=2018年7月19日

だが2018年は土用を前に日本各地は猛暑に見舞われ、岐阜県多治見市で18日に気温40度を超え、19日も京都で40度間近になるなど既に異常高温。熱帯夜も続く。

また土用は虫干しすることもある。農作業でも節目で水田の水を抜く時期でもある。

土用は夏の季語

小豆買うて煮んとぞ思ふ土用入 高浜虚子

ふかぶかとしみたる雨や土用入り 木津柳芽

土用鰻息子を呼んで食はせけり 草間時彦