初雪、福井市は平年より8日早く、山は白く

 

初雪を観測山は白く

11月24日福井市で初雪を観測した。福井地方気象台によると平年より8日速く、昨年2016年より20日早い。日にち的には早いなと思う。でも初雪と行っても車の窓ガラスが一瞬白くなった程度。ただいつも雪の多い山間部の大野市では10センチ近い新雪があったらしい。

まだまだ本格的な冬到来という感じはない。雪が早いときは本格的な積雪は遅く、雪も少ないのではと科学的な根拠のない期待もある。

雪がそんなに多くない日は、天気は変わりやすい。午前中は青空も広がった。午後は雨模様で、雨が上がって外に出てみると石川。岐阜県境に近い山々は少し白くなっていた。

最低気温は3.4度。平年より1.9度低く12月上旬の気温。最高気温は6.3度、平年より7.5度も低く1月中旬並みの寒さだった。

晴れの特異日11月3日はことしも快晴

気象で特異日という言葉がある。

一定の日に限って決まった天気や気象条件が現れる。

最もよく知られているのが10月10日。「晴れの特異日」とされている。

1964年東京オリンピックの開会式は10月10日。晴れる日だから選ばれたと言われている、そして五輪開会式は見事に晴れ上がった。

 

そしてもう一つ晴れの特異日とされているのが11月3日文化の日だ。この日も深い秋晴れの青空が見えることが多い。

特異日に選ばれるのは基本的には東京の空模様が基準になるのだろうが、晴れの特異日は全国区でもある。特に秋は大きな移動性高気圧に覆われ春になることが多い。

福井県も地理的には本州の中央にあるため、晴れの特異日はかなりの確率で一致する。

2014年11月3日
2015年11月3日
2016年11月3日

2017年は最初雨予報だったのに見事に晴れた。そして翌日の11月4日は一日中雨だった。この3年間の天気を見ても2016年、2015年とも11月3日は晴れていた。

ちなみに10月10日もきれいな大空が見えていた・