秋から冬にかけて光芒がよく現れる

光芒・雲と光の芸術

幾筋もの光が放射状に降り注ぐ光芒=2017年11月9日

雲の切れ間から光が放射線状に筋を描いて広がる現象を光芒と呼ぶ。ヨーロッパでは「天使の梯子(はしご)」とか「ヤコブの梯子」とも呼ばれる。

地上のしっかり光が届いたとき「太陽が水をくんでいる」と言われることもあったという。

雲の隙間から降り注ぐ光は雲の中の水滴で拡散されいくつもの筋を描く。

Sample Content

夕方や朝など太陽が低いときは上向きに光が発せられたり、四方八方に広がることもある。仏像の後ろにある光を表す光背はこの光をイメージしているといわれる。「後光がさした」という言葉も光芒の表現のひとつだ。

大きな積雲や層積雲が現れ、時折太陽がのぞくような日、光芒がよく見える。

北陸地方では秋から冬の初めにかけて天気がかわりやすく、大きな光芒を時折みかける。濃淡を描いたひかりが高い上空から地上へ降り注ぐ姿は美しい。「天使の梯子」という表現はぴったりだと思う。

上向き光芒=2017年8月18日

 

海の日没の光芒=2017年10月4日

 

彩雲再び、巻積雲に色づく

11月1日朝、巻積雲が広がり、午前9時前通勤中に彩雲が見えた。

 彩雲は雲の縁、端の部分が赤、緑、青など不規則に色づく現象。昔は吉兆とも言われたが、年に数回はみかける現象。雲の粒、小さな水滴で太陽光線が回折し、色が分解されて雲に色がつく。10月17日にも見えた。この2週間前の彩雲は少し雲が赤くなっている部分があるのが写真で確認してわかる程度だったが、11月初日の彩雲ははっきり見えた。

巻積雲を後ろから強烈に照らす太陽の光が半円を描くように色づき、特に雲の端は赤をメインに、黄色、青が重なっていた。

11月1日福井県坂井市で撮影した彩雲