2017年の寒露は少し暑かった

 二十四節気のひとつ寒露。2017年は10月8日だった。旧暦の9月の節で、霜になりそうな冷たい露が現れるという意味がある。だいたい10月8日になることが多いが、10月7日や9日になる年もある。鴻雁来(雁が飛来する日)、菊花開(菊の花が開く日)蟋蟀在戸(寒くてキリギリが家に入ってくる日)などと言われてきた。

2017年10月8日寒露の空
2017年10月8日寒露の空

 2017年10月8日はこの言葉とは逆に暑さが戻ってきた。筆者の住む福井県では福井市が26・3度、平年より3・2度高い。最低気温も17・1度。平年より2・8度高かった。

 天気は朝から青空が広がったが、快晴と言うよりは雲がやや多い一日。少し暖かい風に乗って雲が流されていた。

2016年10月7日寒露の空
2016年10月7日寒露の空

 この時期セイタカアワダチソウの黄色い花が目につくようになる。ことしも家の側で咲いていたし、2016年の寒露だった10月7日もたまたまセイタカアワダチソウが映った写真を撮っていた。

2017年10月8日寒露に撮影したセイタカアワダチソウ
2016年10月7日の寒露に撮影したセイタカアワダチソウの咲いてる風景

白いそばの花が広がる

秋、9月になって残暑が少し弱まったと思った頃、福井県の田園風景の中に白く輝いて見える一角が見えてくる。いままで気にもとめなかった場所に突然白いかれんな花畑が現れるような印象を受ける。

 ソバは成長が早く種をまいてから収穫まで70から80日程度で収穫できる。、麦の収穫後に栽培されることも多いようだ。背丈が60センチから100センチ程度と低い。花が咲くと白い絨毯のようにも見える。

 

全国のそば作付けランキングは

 全国的にそばの作付けが増える中あまり知られていないが、福井県は有数のそばの産地の一つだ。農林水産省の統計によると28年度の収穫量では北海道、茨城、山形、長野に次いで5位。27年度は北海道、長野、茨城、福井、山形の順だった。作付面積で全国3位だった年もある。この5道県はいずれもおいしいそばが食べられる地域だ。福井県は大根おろしを醤油だれと一緒にぶっかけて食べる「おろしそば」が少しずつ県外でもしられるようになった。「越前そば」の名でPRしている。

やせた土地でも育つというそばは昔は山間の荒れた土地に作られていたが、いまは減反対策として水田地帯に作付けされていることが多い。土地を衰えさせないため計画的に場所を変えるため、毎年そばの風景は変わる。

集落の横に広がるそば畑

2017年9月福井県あわら市の北陸自動車道金津インターに向かう道路脇に広いそば畑を見つけた。集落の横の1ヘクタールは越えていそうな広さにそばが咲いている。

そば畑の向こうに電車が走っていた。JR北陸線だ。JR芦原温泉駅から下り方面、次の細呂木駅との間。白い特急電車が行き交っている