雪は少ないが冬空力強く

季節の空・冬の雲

2017年12月。冬型の気圧配置が続き北海道や東北日本海側では大雪模様で12月として記録的な積雪を記録したところもある。

しかし北陸地方の福井県はかつては大雪地帯だったのに最近は温暖化の影響で雪は少なくなってきた。気温が高く雪ではなく雨が降ることが多い。今年も12月初め10センチ程度の積雪があっただけでその後雪はほとんどない。

しかし空の景色はまさに冬そのもののように荒々しかったり、エネルギッシュだったり、急に晴れたりめまぐるしく変わっていく。一日の中でいろんな雲の風景を見ることができる。

12月28日、29日の空の写真を並べてみる。

27日は朝は青空が見えたが、風は強く雲は積雲が大きく変化する。

すぐに雲が厚く広がり山際では雪もちらついた。雪が風で吹き落ちる尾流雲も現れた。

午後は再び青空。発達した積雲が冬水田んぼに影をつくる。雲の下から光が差し込む光芒も。

28日も同じような空だった。

午前中は曇り、午後から青空が見える。

層積雲が広がってくると重なった雲の間から光が差し込み光芒が鮮やかな光の筋を描く。まさに天使の梯子という言葉がぴったりくる。

光芒の下をえちぜん鉄道の電車も通る。

秋から冬にかけて光芒がよく現れる

光芒・雲と光の芸術

幾筋もの光が放射状に降り注ぐ光芒=2017年11月9日

雲の切れ間から光が放射線状に筋を描いて広がる現象を光芒と呼ぶ。ヨーロッパでは「天使の梯子(はしご)」とか「ヤコブの梯子」とも呼ばれる。

地上のしっかり光が届いたとき「太陽が水をくんでいる」と言われることもあったという。

雲の隙間から降り注ぐ光は雲の中の水滴で拡散されいくつもの筋を描く。

Sample Content

夕方や朝など太陽が低いときは上向きに光が発せられたり、四方八方に広がることもある。仏像の後ろにある光を表す光背はこの光をイメージしているといわれる。「後光がさした」という言葉も光芒の表現のひとつだ。

大きな積雲や層積雲が現れ、時折太陽がのぞくような日、光芒がよく見える。

北陸地方では秋から冬の初めにかけて天気がかわりやすく、大きな光芒を時折みかける。濃淡を描いたひかりが高い上空から地上へ降り注ぐ姿は美しい。「天使の梯子」という表現はぴったりだと思う。

上向き光芒=2017年8月18日

 

海の日没の光芒=2017年10月4日