稲を水に浸す睦月、今は人が集まる月

和風月名・1月は睦月 2018年

1月1日午後の虹。初日の出は見えなかったが空にアーチがかかった。

1月の和風月名は睦月(むつき)。身分の上下なく、老若男女、親族一同が集まって睦びあう月といわれるが、歳時記などでは稲の穂を初めて水に浸す月とも書かれている。気象好きとしてはこちらの意味をとりたい。旧暦の1月は現在の2月。ことし2018年だと2月16日が旧暦の1月1日となる。少しずつ水が温み始め田植えの準備を始める頃となる。また今年の1月1日は旧暦では11月15日となる。

新暦の1月は寒さまっただ中。正月で人が集まり寄り添うことから、睦月の意味も変わってきたのだろう。今年の1月1日も大平洋側では好天で初日の出が見えたところは多かったようだが、日本海側では曇りか雨や雪。福井県でも明け方はやや強い雨だったが、昼には青空も見えた。ことしも積雪はなかった。

和風月名・12月は師走

和風月名・2月は如月