夏至直後、最も遅い海の日没

6月の夕日海に沈む

 久しぶりに海の夕日を見たいと思い夏至翌日の6月22日、福井県坂井市三国町のサンセットビーチへ撮りに行った。午前中から晴れてはいるが、部分的な暈が見えたり、環水平アークが出たりとこれから天気が悪くなることが多い現象が現れる空模様。最後まで夕日が見えるかどうかわからずちょっと心配はあったが、午後6時過ぎでも少し雲がかかっているものの夕日は見えたので海に向かった。

春分の時は正面に見えた夕日が右側、北川に位置する

夏至は6月21日で一日後でも昼が長いことは変わらない。日没時間は19時16分と前日と同じ。ゆっくりと夕日を眺められる季節だ。

18時20分サンセットビーチに到着。まだ日は傾ききっておらず日没までには時間がある。広い海岸のあちこちで夕日を見ている人がいる。多分北海道の苫小牧発敦賀行きのフェリーだろう、大きな船影が水平線を左に進む。フェリーはほぼ定時に通るのだが、遅い日没とはシンクロしない。

春分の日頃はビーチのほぼ正面に見えた夕日はかなり右側、北西方向に見える。タイムシフト動画をとるためのカメラを三脚にセットして7秒間隔の撮影をスタート。16-300と200-500のズームレンズを付けたカメラを2台持って取り始めた。

タイムプラス動画・サンセットビーチの夕景

ビーチに着いたときはまだ明るい夕日は少しずつオレンジに変わってくる。沖には漁をしているのだろう小型船が同じ場所にいる。ただ水平線の上には薄い雲があるようで最後まで夕日は見えないかもしれない。

水平線の近くに沈んで雲のベールの中から赤い夕日が見えた

日没が近づく19時過ぎ、水平線の近くが部分的に赤く色づく。夕日を覆う雲が薄く夕日が透けて見える。漁船も重なって少しいい雰囲気だ。完全に海に沈むまで夕日を雲の薄いベールを通して見ることができた。