最新の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新の記事です 飛行機、電車からの風景 歴史、趣味 おもいついたことを書いています    

ブログ一覧

長野電鉄沿線から見た北信五岳、雲多く夕焼けのシルエット

長野電鉄と北信五岳

小布施駅のホームから見えた北信五岳の一部

長野県の新潟県県境寄りに連なる山々が見える。北陸新幹線で北陸から長野に向かうとき車窓の右側に少し高い山が見えるのが気になっていた。

北斎ゆかりの施設を見ようと長野市から長野電鉄に小布施に行ったとき小布施駅のホームの大きな看板に北信五岳が紹介されていた。

左から飯綱山1917メートル、戸隠連山1911メートル、黒姫山2053メートル、妙高山2446メートル、斑尾山1382メートル。山の形とともに描かれている。妙高山だけが新潟県の山だという。

天気と眺望が良ければ見分けることができるそうだ。小布施駅を訪れたときは晴れてはいるが山沿いには雲があり遠くの山々ははっきりと見ない。ホームのそばでは水やりのスプリンクラーが樹木に水をやっていて霧のように水煙が舞っている。

なだらかな形をしている黒姫山の山頂部分が見えた。妙高山の少しごつごつした山頂部分も見えた。黒姫山は新幹線からも見える山だ。

長野電鉄の終点の湯田中からは北信五岳の方向に沈む夕陽が見えた。雲が多くなかなかはっきりしなかったが、妙高山など時々シルエットで見えた。

奥にシルエットで見えるのが妙高山か

竜王山腹標高1700メートル夏の雲風景

竜王マウンテンパーク、SORAterassからの風景

 

竜王マウンテンパークのSORAterass

猛暑の中、少しでも涼しくて景色のきれいなところへ行きたいと思い長野へ行ったついでに「竜王マウンテンパーク」のに出かけた。長野から電車、バス、ロープウエーを乗り継いで標高1700メートル。呼び物の雲海は見えなかったが、青空が広がり、眼下の町や遠くの山々が見えた。

長野電鉄の特急

 竜王マウンテンパークがあるのは長野県下高井郡山ノ内町。公共交通で行くには長野市からは長野電鉄でまず終点の湯田中に行く。長野から温泉地の湯田中へは直通の特急が一日12本出ている.各駅停車は1時間に2本あるが途中の中野駅で乗り換えが必要。直通特急はプラス100円。混雑期でなければゆったりと座れる。窓も大きく車窓の景色を楽しめる。標高361メートルの長野駅から約600メートルの湯田中まで昇っていく。特に中野駅から先が勾配が大きくゆっくり進む。長野から湯田中まで44分で到着した。

湯田中駅前から竜王まで無料のシャトルバスが出ている。特急電車の到着に合わせて中型バスが駅前で待っていて竜王に連れて行ってくれる。

 

竜王パークは標高1930メートルの竜王スキー場中腹にあるロープウエー駅舎に「SORA terass」という展望スペースを設けている。雲海が見れるというのが売り。

湯田中駅から送迎バスで20分弱。最後はスキー場内の曲がりくねった道を通りロープウエー乗り場に着く。

乗り場から「SORA terass」までは標高差790メートル。166人乗りという大型ロープウエーで約5分で到着する。往復で2300円。

途中に2つの鉄塔があり、最後に急に上がっていく感じ。

昇った日は昼だったので雲海はなく、少し霞んだ青空が眼下に広がった。正面に小丸山というスキー場のあるやや小ぶりの山があり奥に北信五岳の1つ斑尾山が頭をのぞかせる。

下には左側に千曲川の流れが見え中野市の市街地が見える。ブドウ畑か梨畑かビニールハウスが昼の太陽の光を受けて輝いている。少し遠くに長野市街地も見える。

日本全国が猛暑日になった8月のはじめ、長野市も33度だった。湯田中はほぼ30度、空気が乾いていて過ごしやすい。

  竜王は22度程度。涼しい。でも外は下界より日差しが強く外に長くいるのはちょっとつらい。

テラスにはcafeもある。西側の窓際に座れると景色を楽しめながら食事できる。

雲海が出てくるのは朝か夜。雲海に沈む夕陽を見たいが、夏は日没時間が遅く時間に余裕がないとなかなか粘れない。日が短くなる秋に紅葉とともに楽しむのがよさそうだ。

長野電鉄沿線から見た北信五岳

日本海随一の展望、市街地も海も

高層からの風景 新潟朱鷺メッセ

信濃川左岸の新潟市街地と日本海365度のパノラマ、汽船や佐渡島

新潟市の信濃川河口の万代島にある複合コンベンション施設の朱鷺メッセ。その上に高層の日航ホテルがある、最上階が高さ125メートルの展望施設がある。新潟駅からタクシーで5,6分。徒歩で20分。

新潟市の信濃川河口にある朱鷺メッセ。細長い31階建てビルの屋上が展望所。

万代島といっても信濃川の中州のような細長い土地。佐渡島へ向かう佐渡汽船のターミナルもある。朱鷺メッセは2003年に開業した施設で1万人が収容できる展示場や大小13の会議場がある。その北側に細長いビルが建ち、一階には美術館も。22階から29階までがホテル日航新潟の客室。その上に展望スペースになっている。展望スペースは朱鷺メッセの1階からあがるが、ホテルからはフロントや各部屋のある階のエレベータから直接行ける。

31階の展望スペースは「Befco ばかうけ展望室」と名付けられてる。レストランや土産売り場を含め31階全体が展望室で入場は無料。レストランの一部を除けば自由に歩き回れる。展望室のホームページによると日本海側で一番高いビルだ。日本の夜景100選にも選ばれている。この展望室の名前は新潟市の菓子メーカー栗山米菓がネーミングライツを取得し2009年に名付けた。Befcoは栗山米菓のブランドイメージからとられ、ばかうけは主力商品のせんべいの名前。土産店も運営している。

北側の眼下に広がる信濃川下流から日本海。手前が佐渡汽船乗り場、その奥に新日本海フェリー

河口の様子をタイムプラス動画に その1

朝霧の河口をタイムプラス動画に

地上125メートル365度のパノラマ風景は見応えがある。北側の窓(万代島が斜めに横たわっているため実際は北東方面)の窓からは信濃川の河口から日本海が見える。佐渡汽船の波止場や、北海道と結ぶ新日本海フェリーの乗船場、海上保安部の巡視艇、漁船などさまざまな船の行き来がある。河口から日本海に曲がって突き出した防波堤も印象的だ。海の先には小さな島が見える。粟島だ。周囲23キロ、面積10平方キロ足らず。島は粟島浦村の村民が住み人口230人。その右側には半島のような山並みが続く。山形県の山々だ。

 西側の窓からは信濃川左岸の新潟の市街地、海岸線、そして佐渡島が見えてくる。古町と呼ばれる、元の中心市街地も見える。

信濃川上流方向。万代橋やヨット、新潟県庁も

南側は信濃川の上流方向の風景。広い信濃川にかかる橋が何本も見える。手前から二番目が万代橋だ。アーチ式の橋桁が有名の国の重要文化財に指定されている。手前の橋には「柳都大橋」というなかなか粋な名前がついている。少し上流に新潟県庁も見える。地上18階、高さ87メートルのビルだ。

 

東側は新潟駅、上越新幹線の線路、鳥屋野潟、Jリーグアルビレックス新潟の本拠地スタジアム、上越県境の山々が広がる。手前には大きな製紙工場や石油タンクも。

オレンジに染まる水田風景を電車が走る

夕日をバックに走る北陸線特急しらさぎ

北陸の平野を走るJRや私鉄の電車。4月から5月にかけて田んぼに水が張られ、水面がつくる水鏡に電車のシルエットを描く。

田んぼに車両のシルエットが映るえちぜん鉄道

[/wc_row]福井平野はJR北陸線とえちぜん鉄道三国芦原線が水田の中を走っている。

夕暮れには夕日を背に走る電車、水田に映る電車の影と太陽の光……。5月の日没時間は午後6時過ぎ。仕事終わりの帰り道、水と夕日と電車の風景、5月半ばまで楽しみだ。

夕日を車両に反射して走るJRのサンダーバード

 

大雪の後、真っ白な白山を車窓から

 

しらさぎの車窓から見えた白山。

福井市で積雪が140センチを超え、富山市でも80センチを超えた北陸豪雪がようやく一段落した2月9日富山県高岡市から福井県へ戻った。

富山県から金沢市までは雪に強い北陸新幹線があるし、あいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道が運行する両県を結ぶ私鉄もほぼ毎日動いている。

問題は金沢以西。JR西日本は実際に雪が降ってなくても、雪の予報だけでも運休してしまう。晴れた日でもサンダーバード、しらさぎとも全休してしまう日があった。

2月9日も積雪は残っているが空は雪が上がり晴れ予報。でもしらさぎ、サンダーバードは午前中運休。午後から運行というアナウンス。高岡市を午後北陸新幹線の定時運行している「つるぎ」に乗って金沢に向かった。午後は北陸線もようやく定時運行となりすぐに「しらさぎ」の接続があった。

車窓の天気は快晴。70センチを超える積雪となった石川県の風景を照らし出した。

小松の手前から左側の車窓に白山連峰が見えてくる。空席の目立つ自由席は自由に席が変われるので左側に座って加賀市を過ぎるまで白山の写真を撮り続けた。

福井県に戻り芦原温泉駅で下車すると改めて除雪できた高い雪の壁、屋根雪の多さ、圧雪で道路がガタガタになっていることに驚いた、