雪をたたえた白山 夕日の水田 北陸線の車窓

北陸新幹線 まずは福井~金沢

シリーズ車窓から

2015年開業した北陸新幹線金沢ー東京間。トンネルが多くてずっと車窓の風景が楽しめるわけではないが、それでも山、海ときれいな景色のところもある。順次紹介していきたい。

 

まず福井からは金沢までは北陸線に乗っていく。名古屋、米原方面からの「しらさぎ」、大阪からの「サンダーバード」に加え、北陸新幹線との乗り継ぎを意識した「ダイナスター」、福井ー金沢間の通勤、ビジネス需要を意識した「おはようエクスプレス」の4つの特急があり、所要時間は50分足らず。

車窓の風景で言うと福井ー金沢間の座席は東側、山側の風景が見えるA席がお勧め。

まず福井駅をでると福井県で一番大きな河川である九頭竜川を渡る。福井・岐阜県境の奥越前の連山が遠くに見える。2013年の延長を目指している金沢ー福井間の北陸新幹線の大きな橋の陸橋も姿を現している。

九頭竜川の夕景

九頭竜川を渡ると次の特急停車駅「芦原温泉駅」までは左右に福井平野の水田地帯をみて走る。春先は水田に水がたたえられて美しい。夏前には麦秋、夏は稲が色づき、秋には白い花が咲いたそば畑があちこちで見える。冬は雪で白一色になる。

春水田に水をたたえると夕日が反射する

芦原温泉を出ると、しばらくして県境のトンネルをぬけ石川県に入る。左右に加賀平野が広がる。福井平野と並ぶ豊かな水田地帯だ。加賀温泉駅が近づくと右手に白山が見えてくる。冬は本当に名前通り真っ白な山だ。三つの峰が並んでゆったり雪をたたえている。周囲に高い山はなく、白い頂に古来人々は気高さを感じ、信仰の対象としてきた。奈良時代越前の僧泰澄が開いたと言われる。日本の各地に白山神社が建てられている。もともと白山信仰は越前から始まったが、白山がよく見えるのは福井県で福井市の南側と、奥越前地方で金沢までの北陸線では加賀平野からが美しい。

白山は加賀温泉から次の小松駅を過ぎたところまでよく見える。小松市の小松ドームを手前にした風景もみどころだ。また小松市には自衛隊と民間の共用の小松空港もあり、自衛隊のF15の訓練飛行なども見えることもある。

白く雪をたたえた白山

Sample Content

白山の手前に小松ドーム

Sample Content

小松を過ぎると車窓には住宅が多くなる。また工事が進む北陸新幹線の高架が続く。

手取川を渡るころ左側には日本海が見えるところもある。

次の松任駅近くには北しく新幹線の車両基地もあり、高架の線路には基地に帰る新幹線車両が見えることもある。

金沢が近づくと犀川をわたる。左側の車窓からは金沢市の市民文化村の煉瓦づくりの建物も見える。

台風で飛行機欠航の備えは?

 

 「月曜まで東京に行くんだけど台風で帰りの飛行機が飛べないかもしれない。そんなときスマホでJRを簡単に予約するアプリ知らない?」と友人からラインがあった。

 週末に福井から石川県の小松空港経由で東京に行く。10月23日月曜日帰る予定だがそのころ台風21号が本州直撃予報なので飛行機が欠航になるかもしれない。そのときJRをスマホで予約するにはどうしたらいいか という問い。

 東京からJRで福井や金沢に帰るには東海道新幹線で米原まで行き、米原から北陸線の特急しらさぎに乗るか、北陸新幹線で金沢まで行き金沢から名古屋行きしらさぎや大阪行きサンダーバード、福井行きダイナスターに乗り換えていく。

 スマホで予約するならJR西日本のe5489(いいごよやく)が安くて使いやすいというのが返答だ。e5489は西日本の大阪を中心に北陸から博多までをエリアにしたサービスで東京は本来サービス外だが北陸新幹線をJR東日本と共同運行しているため東京でも使える。ネットで予約して東京で切符を受け取れる。みどりの窓口に並ばなくても指定席発券機(みどりの発券機)で受け取ることができる。クレジットカードを挿入するだけで受け取れるので速くて便利だ。

 乗車直前までネットで予約を変更できる。座席も細かく指定できる。横に座る人がいないでゆったりと乗車したいときには何回か座席をチェックし、変更していけばよい。

 ただe5489の場合、東海道新幹線委は対応していない。東海道新幹線で予約するならJR東海のサービスが安くて便利だが、米原以降は対応していないため、米原からはJR西日本のe5489を使う。その場合は新幹線と在来特急の乗り継ぎで在来特急料金が半額になるというサービスを受けられないため駅で買うより割高になることが多い。特に北陸の駅からは東京往復の割引切符など値引きの多いサービスが多くネットでの購入はかえって高くなる。

 

最 終的に友人に勧めたのは、e5489の事前値引き切符をも予約しておくこと。飛行機が欠航になればこれで帰ればいいし、飛行機が無事飛んでくれれば、手数料を払って払い戻す。直前なら特急料金が3割とられるが乗車券分は220円。緊急では席がとれないかもしれないし台風でも安心して帰ってくるための保険料だと思えばやむ得ないのではと話した。

 

 台風で飛行機が欠航になったときは東海道新幹線が運休になることも多いし、米原、大阪からの特急もよく止まる。金沢から福井は特急は止まっても在来線は動くことが多い。

台風21号はまだ日本の南にあるが965ヘクトパスカルと大きい、10月23日に本州最接近の予報。友人も東京へ行くのをやめようかと悩んでいるらしい。

東京への3ルート電車、飛行機どれにする?

 福井県から東京へ行くときどの交通手段にしようか迷う。

 住んでいるあわら市から東京へは公共交通機関で4つの選択肢がある。ひとつはJR北陸線で米原駅まで行き、米原から東海道新幹線でいくルート。二つ目はJR北陸線で金沢駅まで行き、金沢から北陸新幹線で行くルート。

 もう一つは石川県の小松空港から羽田空港(東京国際空港)まで行くルート。

 最後は福井市から高速バスで行くルート。鉄道会社が運行する定期高速バスは夜出て早朝に着くのが主流で、早朝出発し夕方前につくのもあり、料金は6000円から9000円台と新幹線を使うのと半額程度だが、ちょっと体力的にきついので乗ったことはない。

 2015年に北陸新幹線が開通する前は米原周りが多かった。空の風景が見たいときだけ小松空港を選んだ。米原周りは北陸線の特急「しらさぎ」と、米原からの「ひかり」で東京まで3時間40分。料金は芦原温泉ー東京、普通に買えば片道14400円、往復28800円だが、飛行機と競い合っているため、JRは東京往復切符という北陸からの往復限定の商品を以前から発売している。往復で25590円。飛行機は往復で30000円を越え、この価格がずっと最安だった。東京出張は新橋へ向かうことが多く、以前は東京乗り換え、その後品川乗り換えが便利だった。

東京行きの北陸新幹線=金沢駅で2015年5月

 北陸新幹線ができて一気に選択肢が広がった。芦原温泉から金沢まで在来線特急、金沢から北陸新幹線「かがやき」に乗り継ぐと最短で3時間27分で行ける。料金は 東海道周りよりも新幹線の乗車区間が長くなることから片道15580円。往復で31000円を超える。正規料金だとこうなのだが、JR西日本のe5489(イイゴヨヤク)会員になってe早得で購入すると片道13460円、往復26920円。米原周りの東京往復切符には及ばないもののかなり安くなる。ほかに東海道、北陸新幹線を片道ずつ使うプランもある。

 福井から北陸新幹線を使うことの大きな利点は在来線から新幹線の乗り換えの楽さだ。米原では陸橋で2階に上がり、距離も長い。高齢者など歩くのに負担を感じる人には少しつらい。金沢は在来線から下に降りて短い距離で新幹線に入りエスカレーターでホームに上がる。米原に比べ乗り換え客も少なく混雑していない。開通後は物珍しさもあり何度か乗った。車両も連休前などを除くと空いていることも多く、ゆったりとした感じがする。不満な点は、金沢での接続があまりよくないこと。特に停車駅のすくないかがやきで30分ほど待つこともあり、米原周りの方が速い時間帯が多く本数も多い。

 

 北陸新幹線ができて劇的に料金が下がったのが飛行機だ。金沢以北では乗り換えなし、本数も多く、時間に融通が効く少し時間がかかっても駅から乗り降りできる新幹線の利用車が増え日本航空(JAL)全日本空輸(ANA)は東京便を事前予約なら新幹線より安い価格に値下げした。2017年10月現在の料金は75日前のスーパー先得、55日前のウルトラ先得で日にちと便によっては8000円を切ることもある。前方の座席で2列または3列幅広シートのクラスJもプラス1000円か2000円。新幹線よりもお得感がある。

 ANAも基本的に同じだが、プレミアムクラスの価格などJALより少し高い。また新幹線開通後の減便でJALが一日5便、ANAが4便と少なく、都合のいい時間に乗れないという不便さはある。羽根に邪魔されない窓側の予約はあまり安い便ではできない。急に予定が変わってキャンセルすると半額ぐらいしか返ってこない‥などの難点もある。

 

 それでも東京まで片道1万円を割る魅力は大きい。家からはETCなら金津インターで乗って安宅パーキングエリアで降りられるので往復1580円、ガソリン代が800円程度、駐車場も値下げされ一泊2日なら1000円。あわせて飛行機代以外の諸経費が3400円程度。飛行機代が片道1万円とすると往復でしめて23400円。車で小松空港までほぼ30分で行けて、まさに安くて早い。会議などで予定が決まっているときはかなりの割合で飛行機を使っている。ただ急に予定が変わって高額のキャンセル料金を払ったことはある。

 

 車窓、機窓の風景はそれぞれにいいところがあり、今後リポートしていきたい。一言で言うと飛行機と東海道新幹線は左側の富士山、北陸新幹線は右側の北アルプスが魅力だ。車窓、乗り心地など後日書いてみたい。

路面電車が生きている富山市

 北陸新幹線に乗り、2年ぶりに富山駅に降りて驚いた。新幹線からJRの改札を出たコンコースの向こうに電車が見える。富山駅に接続しているもともと北陸本線だった「あいの風富山鉄道」ではない。黒部宇奈月へ向かう富山地方鉄道が乗り入れたのかと思ったがそうでもない。

 

富山駅に直結した富山地方鉄道の市内電車。

屋内のホームに少し小さめの電車。近づいてみると富山市内を走る路面電車だった。大きなターミナル駅の中に路面電車が入ってきたのはあまり例がないのではなかろうか。

 広島、鹿児島、高知、松山、札幌‥。路面電車が今でも現役で活躍している年は全国にそれなりの数で残っているが、その中でも現在進行形で市電が発達し続けているのが富山だと思う。わが福井県の福井市も異なる鉄道会社が相互乗り入れして路面電車で走るというなかなかに高等な技を展開しているが、富山には及ばない。

 コンパクトシティーを目指す富山市は路面電車に力を入れてきた。市内を走る路面電車は富山地方鉄道が運行する。路線は富山駅から南富山駅までの第1系統、富山駅から富山大学までの第2系統、さらに2013年から市内の中心部を回る環状線の第3系統とが加わり3路線で運行されている。2015年に富山駅内に乗り入れした。

 富山駅乗り入れにはさらなる大きな目標がある。富山駅の反対側、富山駅から富山港に面した岩瀬浜駅まで8キロのJR富山港線が2006年に第3セクターの富山ライトレールの運営に変わった。車両はJRの電車から低床電車となり、一部が路面電車と運行されるようになった。この富山ライトレールと富山地方鉄道の市内電車を富山駅で結ぼうという南北接続計画だ。富山駅が接続場所となる。2020年開通予定だったが、2019年に早まるとの見通しも出ているという。

 

 富山駅を出ると広場になっていて次々にやってくる電車が見える。5分から10分間隔で走っているという。セントラムの愛称で親しまれている低床電車や、古くからあらレトロ電車。見飽きない。

 富山の飲み会を終えて夜駅に戻ったら、「貸し切り」と行き先表示板に書かれた電車が入ってきた。電車を貸し切って市内を一周しながら宴会をすることもできるという。電車の街富山はなかなかに深い。

えち鉄、福鉄路面相互乗り入れを体験

 よみがえった2つの私鉄

福井県内には2つの私鉄が走っている。福井市からみて北と東側に向かって走る「えちぜん鉄道」。南に向かって走る「福井鉄道」。小さなローカル鉄道だ。どちらも自動車の利便性に押され、経営は苦しく廃線の危機に直面してきた。

坂井平野を走るえちぜん鉄道

特にえちぜん鉄道は、前身の京福電鉄が2000年と2001年に人身事故を立て続けに起こして運輸省(現国土交通省)から運行停止命令を受け、走ることが出来なくなった。安全対策に多額の経費がかかることから京都市に本社のある京福電鉄は廃線方針を打ち出した。

住民や沿線自治体から存続を求める声が強まり、2001年6月の全面運行停止から2年後に第3セクターのえちぜん鉄道が発足。永平寺線は廃線となったものの、福井市と坂井市の三国港駅を結ぶ三国芦原線と福井市と勝山市を結ぶ越前本線の2ルートが存続することが決まった。2003年10月完全に運転再開した。車両に女性アテンダントを乗せ、新しい駅をつくるなどこれまでになかったサービスで乗客を増やしている。

もう1つの私鉄福井鉄道は福井市の田原町駅から越前市の越前武生(旧武生新)駅までのルート。かつては何本もの支線があったがいあまは1線だけ。福井市内の一部が路面通行となっているため、郊外電車が路面を走るということで、電車好きな人には知られていた。福井市から鯖江市を通って武生市までJR北陸本線が並行して走っているためもともと経営は苦しく2007年福井鉄道は「事業者単独での存続は困難」と表明。最終的に線路などの用地は福井県と沿線3市が取得し、運行は助成を受けた新会社が引き継いで継続することになった。

福井県や自治体が運行に関与することになり、利用者の立場に立ったこれまでになかった取り組みがおこなわれるようになった。その大きな成果が2つの私鉄の相互乗り入れだ。もともと福井鉄道の始発駅で乗り換えてきたのが、この駅で線路を接続して乗り入れられるようにした。

 高さが違う電車

福井鉄道はもともと路面と郊外電車の両方を通るためホームが低いが、えちぜん鉄道はホームが高くそのため乗降口の高さも高くそのままでは福井市内の路面部分では乗り降りできない。そのため相互乗り入れするえちぜん鉄道の電車は低床電車となった。相互乗り入れ区間も田原町から6駅先の鷲塚針原駅までに限定し、この間の駅はホームの先に低いホームを延長したり、新たなホームを作ったりした。

 ゆのまちから鷲塚針原で乗り換え

あわらゆのまち駅に入ってくるえち鉄福井行き

2017年6月初め久しぶりにえち鉄を利用する機会があり、あわら湯のまち駅から福井市の福井市役所駅まで乗ってみた。湯のまち駅で市役所までの切符を買い乗車。福井行きのいつものえち鉄の床の高い電車に乗りまず鷲塚針原駅に向かう。

17時19分あわら湯のまち発、鷲塚針原駅に39分着。えち鉄電車が到着した従来の島型ホームの左側に明るい紺色の電車が止まっている。「FUKURAM(フクラム)」の愛称で呼ばれている3両編成の越前武生行き車両だ。ホームも低い。ドア越しにホームの高さの違いがよくわかる。

 

低床電車の車内。少し狭い

乗ってきたえち鉄電車が出発した後、線路を渡ってフクラムに乗り込んだ。

この駅で乗り換えたのは一人だけだった。この駅から新たに乗り込んできた人と乗客2人を載せてで17時49分発。次の中角駅は低床化の対応工事が行われていないため、通過し九頭竜川を渡って新田塚に停車。さらに日華化学前、八ツ島と10年前えちぜん鉄道が新たに設けた駅に停まる。ホームが低床で乗り降りできるよう先端が低く延長されている。沿線の高校生らがどんどん乗り込んできて福井大学前では席は空いていない。

 田原町で運転士交代

田原町駅では右側の線路に入りいよいよ福井鉄道に入る。さらに高校生が増えてぎっしり満員の状態。ここで福井鉄道の運転士に交代する。

18時2分発。ここからは旧国道8号線を路面電車となる。左右に2車線づつの道路を従え、道の真ん中を複線で走る。交通信号で止まることはあるが、夕方の渋滞でのろのろ進む車を横目に快適に進み、あっという間に市役所前に到着した。ほぼ5分間の路面の旅だった。この電車が終点の越前武生に到着するのは18時47分。相互乗り入れの運転時間はほぼ1時間。いずれチャレンジしてみたい。

HP よみがえる鉄路

東京行き新幹線E席が楽しみ

東京に進学していた学生時代から東海道新幹線に乗っている。

学生時代もたまたま新幹線から雪をかぶった富士山を見るとうれしかった。

でもそのときはどの辺で富士山が見えるかとかどの席に座ればいいとか意識していなかった。

もちろんそのときはカメラもスマートフォンも携えていなかった。

 

会社員になってたまに東京に行くことはあっても携帯電話もまだなく、一眼レフカメラはまだ重く、新幹線で写真を撮ることはほとんどなかった。

数年前から定期的に東京へ出張するようになり、性能のいいコンパクトカメラが現れ、バッグに入れて持ち運び電車から車窓を撮ることが日課になった。福井県から東京へ向かうのは北陸線の特急「しらさぎ」に乗り、米原で新幹線に乗り換える。子どもの時から電車から外を眺めるのが好きで席は窓側を選んでいた。新幹線の普通車両は2席と、3席に分かれていてトイレに行くのも楽な2列側を選ぶことが多い。ABCDEの席の中で上りも下りもE席が多い。

米原で乗り換えた東海道新幹線、車窓の見所はいろいろあるが米原で乗り換えてまず目に入るのが伊吹山。

伊吹山2014年秋

名古屋で停車した後しばらく進み豊橋を超えると浜名湖が見えてくる。競艇場のスタンド、湖に面したホテル、橋、空気が澄んでいるときは遠くに富士山も見える。

Content

通過することの多い静岡駅でもビルの間から富士山が見え隠れする。

茶畑を横目に進むと急に山が切れて富士山が現れる。富士川の鉄橋の手前で現れ新富士駅からしばらく美しい裾野と山容が見える。全体がすっきり見えたり、頭だけが雲の上に見えたり、山頂だけ雲がかかったりいろんな姿が現れる。もちろんすべてが雲の中に隠れていることも多い。富士川を越え、新富士駅を通過し、富士市の工場を前景に見て、コーヒー工場を過ぎ、自動車道を過ぎると富士は山の裾に消えていく。

新富士駅付近から見た富士山 2013年冬

 

新富士駅付近から見た富士山 2013年冬

Content

 

新富士駅付近から見た富士山 2013年冬

新富士駅付近から見た富士山 2013年冬

Content

 その後東京までは、三島駅、小田原駅付近、小田原から新横浜までのほぼ中間点で遠くに富士山が見える。眠るまもなく新横浜に着いてしまう。