初冬の夕暮れ飛行 東京から小松(その1 東京湾)

このエントリーをはてなブックマークに追加

羽田から小松へ 2017年12月 その1離陸

水面の向こうに見える富士山

 出張の帰路、2017年12月9日東京から飛行機で小松へ向かった。

 往路の12月7日は晴れ、8日は雨模様、9日は再び晴れと飛行機からの撮影は天気に恵まれた。JAL189便、機体はボーイング737-H。行きの767より少し小ぶりだ。今回も予約が早かったので席は2A、前から2番目左側窓側。羽田発15時55分。待合室で次々と飛行機が着陸してくる滑走路の様子を30分ほどタイムシフト撮影した後15時40分過ぎに機内に乗り込んだ。

 すでに日は傾いて飛行機の長い影が滑走路にでき、管制塔など建物は日を受けて輝いている。待機中の旅客機もオレンジに色づく。機体が滑走路に向かってゆっくり動き出すと夕日の近くにシルエットになった富士山がデルタ航空機の向こうに見えた。逆光なので雪は見えない。

ほぼ定時に離陸。東京のビル街を左に見ながら上がっていく。お台場のホテルやテレビ局、レインボーブリッジが横から日差しを受けてくっきりと浮き立って見える。水面の向こうに富士が見える。

スカイツリーが見えてくると左旋回。東京ディズニーランドが真下に見えると列島を横断するコース変わっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です