最新の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新の記事です 飛行機、電車からの風景 歴史、趣味 おもいついたことを書いています    

ブログ一覧

大雪の後、真っ白な白山を車窓から

 

しらさぎの車窓から見えた白山。

福井市で積雪が140センチを超え、富山市でも80センチを超えた北陸豪雪がようやく一段落した2月9日富山県高岡市から福井県へ戻った。

富山県から金沢市までは雪に強い北陸新幹線があるし、あいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道が運行する両県を結ぶ私鉄もほぼ毎日動いている。

問題は金沢以西。JR西日本は実際に雪が降ってなくても、雪の予報だけでも運休してしまう。晴れた日でもサンダーバード、しらさぎとも全休してしまう日があった。

2月9日も積雪は残っているが空は雪が上がり晴れ予報。でもしらさぎ、サンダーバードは午前中運休。午後から運行というアナウンス。高岡市を午後北陸新幹線の定時運行している「つるぎ」に乗って金沢に向かった。午後は北陸線もようやく定時運行となりすぐに「しらさぎ」の接続があった。

車窓の天気は快晴。70センチを超える積雪となった石川県の風景を照らし出した。

小松の手前から左側の車窓に白山連峰が見えてくる。空席の目立つ自由席は自由に席が変われるので左側に座って加賀市を過ぎるまで白山の写真を撮り続けた。

福井県に戻り芦原温泉駅で下車すると改めて除雪できた高い雪の壁、屋根雪の多さ、圧雪で道路がガタガタになっていることに驚いた、

澄んだ冬の空、絶好のスカイツリーからの眺め

高層からの風景・東京スカイツリー

 東京の東側、東京駅から見ると東北の方向にそびえたつ日本一高いタワーが東京スカイツリーだ。 東京タワーの機能を引き継いだ高さ634メートルの電波塔。ここに大小2つの展望台があり、高層からの眺めをたっぷり楽しめる。

スカイツリーがあるのは東京都墨田区押上1丁目、東武鉄道が主体となり2012年に完成した。

 

東京スカイツリーには二つの展望台がある一つは高さ  350メートルの天望デッキ約2,000人が入れる。その100メートル上に少し小さな展望台があり高さ450メートル天望回廊と名付けられている。ここには900人収容できる。

 

浅草から見たスカイツリー

 冬の澄んだ青空が広がる1月の終わり初めて昇った。東京ソラマチで食事した後、2060円払って4階のチケットカウンターで購入、わずかな列に並んでエレベーターへ。午後に前日が雨模様だったことから長い列はなくスムーズにエレベーターへ。エレベーターは40人乗りでそう大きくない。分速600メートルの高速エレベータ。エレベーターは4基あり、係員から振り分けられる。4階から高さ350メートルの展望台まで40秒。閉所恐怖所などでエレベーターが苦手でもメートル表示を見ているとすぐに到着する。

Sample Content

Sample Content

エレベーターのドアが開くとガラス張りの大きな窓と青空が視界に入ってくる。地上350メートルからまずは千葉方向の海、茨城方面の山が見える。遠くに見えるのはディズニーランドや筑波山か。

左回りに見ていくと下には隅田川、浅草。遠くには少し雲に包まれているが富士山も見えた。

南西方向は東京スカイツリーからの景色は圧巻だ。東京タワーが下に見える。その左側には大きな箱のような江戸東京博物館や国技館。隅田川を下る船、汐留方面の高層ビル群、レインボーブリッジ…。

一周したあと1030円のチケットを買いエレベーターに乗って地上450メートルの天望回廊へ。100メートル上がるだけでまさに異次元の世界のように感じる。300メートル台は大阪のあべのハルカスや、横浜市のランドマークタワーなどもあり、350メートルの展望デッキはこれまでより高いなとは思うがびっくりすることはない。

隅田川の近くに江戸博物館や国技館

でも450メートルはやはり高い。真下の地上はまさに豆粒だし高層ビルもずっと下にある。

1月の午後の低い太陽でスカイツリーの長い影が伸びていた。

下に降りて地下鉄の駅に向かうとき強い風が吹いていた。高速エレベータが強風のため運行を止めていた。真っ青な空、透き通った空気、くっきりとした陽光と長い影、絶好のスカイツリー日和だった。

 

 

初冬の夕暮れ飛行 東京から小松(その2 東京湾)

 東京から小松空港2017年12月9日 その2

夕景の富士山。右に飛行機も見える

 東京の上を越え埼玉県に入った頃か、左手に夕日を後ろから受けた富士山が見える。広い裾野も時折雲に隠れるものの下まで見える。

 雲海には富士の長い影が伸びる。富士の手前には湖も見える。山中湖だろうか、河口湖だろうか。

裾野に2つの左右に湖が見える

 富士山は少しずつ後ろになり、夕日が横から差してくる。少しずつ雲が増え、夕日は雲の下に消えた。

 

Sample Content

Sample Content

機体は着陸に向かって下がっていく。大きな川が見え旋回することなく定刻の17時少し前に小松空港に到着した。小松は曇りで暗くなっていた。


2017年12月初冬の飛行

小松から羽田へ

羽田から小松へ その1

初冬の夕暮れ飛行 東京から小松(その1 東京湾)

羽田から小松へ 2017年12月 その1離陸

水面の向こうに見える富士山

 出張の帰路、2017年12月9日東京から飛行機で小松へ向かった。

 往路の12月7日は晴れ、8日は雨模様、9日は再び晴れと飛行機からの撮影は天気に恵まれた。JAL189便、機体はボーイング737-H。行きの767より少し小ぶりだ。今回も予約が早かったので席は2A、前から2番目左側窓側。羽田発15時55分。待合室で次々と飛行機が着陸してくる滑走路の様子を30分ほどタイムシフト撮影した後15時40分過ぎに機内に乗り込んだ。

 すでに日は傾いて飛行機の長い影が滑走路にでき、管制塔など建物は日を受けて輝いている。待機中の旅客機もオレンジに色づく。機体が滑走路に向かってゆっくり動き出すと夕日の近くにシルエットになった富士山がデルタ航空機の向こうに見えた。逆光なので雪は見えない。

ほぼ定時に離陸。東京のビル街を左に見ながら上がっていく。お台場のホテルやテレビ局、レインボーブリッジが横から日差しを受けてくっきりと浮き立って見える。水面の向こうに富士が見える。

スカイツリーが見えてくると左旋回。東京ディズニーランドが真下に見えると列島を横断するコース変わっている。

山頂に雪がつもり始めた富士山 小松発羽田行き

 小松発羽田行き初冬のJAL184便

駿河湾、伊豆半島越に見えた富士山

冬空になった12月、出張のついでに雪をかぶった富士山を見ようと石川県小松市の小松空港からJALで東京に向かった。2017年12月7日北陸など日本海側も好天、東京など大平洋側も好天という珍しい天候だった。富士山を見るには最適の気象だ。

航空自衛隊の飛行機

離陸するとすぐに左旋回。片山津温泉そばの柴山潟がみえる

 小松発9時30分。JAL184便、B767。早めに予約したので前から2番目、左窓側の席。少し割り高の席でも新幹線よりは安い。空港には前日からの雪が少し残っているが、青空が広がる。かなり白くなっているはずの白山は、残念ながらまだ雲の中だった。

Sample Content

手前に見えるのは法恩寺山スキー場

Sample Content

格納庫の前にずらりと航空自衛隊の飛行機を横目に離陸。すぐに左旋回して福井石川県境に向かう。左手に白山連峰が見える。麓のスキー場は雪でコースがくっきり見える。だが白山は頂上に雲がかかっていて真っ白な神々しい姿は現れない。

遠くの立山連峰、北アルプスも頂上付近は白い。御嶽山は頂上近くに小さな雲が出ていて、一瞬噴火のことを思い出す。

御嶽山

Sample Content

Sample Content

 御嶽山の右の山並みの上に富士山が頭を現す。まだ真っ白とはいかないが山頂から谷筋に雪の線が続く。

静岡県上空では駿河湾、三保の松原越しの富士。右側に少し雲がかかっているだけで広いすそのから完全な形の富士山。周りには競う山はなくゆったりと美しい。

 いつものように伊豆大島の南側を通る。島の上には小さな積雲がかかっている。奥に富士山も見える。

伊豆大島

 三浦半島の上の富士山、横浜の上の富士山、東京湾越しの富士山。羽田空港着陸直前までいろいろな組み合わせの富士山が見え続けた。

 最後に着陸直前、高度が下がると地平線近くに雲が出ていた。少し黒みかかった雲、最後まで富士山が見えなかったのはちょっと残念だった.東京の市街地にでても富士山は見えなかった。