空と鉄路のカメラリポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
旅行や出張の友はカメラ。 それも小さなコンパクトカメラが多いです。 窓の外を撮った記録をおもいつつまままとめています。

ブログ一覧

初冬の夕暮れ飛行 東京から小松(その1 東京湾)

羽田から小松へ 2017年12月 その1離陸

水面の向こうに見える富士山

 出張の帰路、2017年12月9日東京から飛行機で小松へ向かった。

 往路の12月7日は晴れ、8日は雨模様、9日は再び晴れと飛行機からの撮影は天気に恵まれた。JAL189便、機体はボーイング737-H。行きの767より少し小ぶりだ。今回も予約が早かったので席は2A、前から2番目左側窓側。羽田発15時55分。待合室で次々と飛行機が着陸してくる滑走路の様子を30分ほどタイムシフト撮影した後15時40分過ぎに機内に乗り込んだ。

 すでに日は傾いて飛行機の長い影が滑走路にでき、管制塔など建物は日を受けて輝いている。待機中の旅客機もオレンジに色づく。機体が滑走路に向かってゆっくり動き出すと夕日の近くにシルエットになった富士山がデルタ航空機の向こうに見えた。逆光なので雪は見えない。

ほぼ定時に離陸。東京のビル街を左に見ながら上がっていく。お台場のホテルやテレビ局、レインボーブリッジが横から日差しを受けてくっきりと浮き立って見える。水面の向こうに富士が見える。

スカイツリーが見えてくると左旋回。東京ディズニーランドが真下に見えると列島を横断するコース変わっている。

山頂に雪がつもり始めた富士山 小松発羽田行き

 小松発羽田行き初冬のJAL184便

駿河湾、伊豆半島越に見えた富士山

冬空になった12月、出張のついでに雪をかぶった富士山を見ようと石川県小松市の小松空港からJALで東京に向かった。2017年12月7日北陸など日本海側も好天、東京など大平洋側も好天という珍しい天候だった。富士山を見るには最適の気象だ。

航空自衛隊の飛行機

離陸するとすぐに左旋回。片山津温泉そばの柴山潟がみえる

 小松発9時30分。JAL184便、B767。早めに予約したので前から2番目、左窓側の席。少し割り高の席でも新幹線よりは安い。空港には前日からの雪が少し残っているが、青空が広がる。かなり白くなっているはずの白山は、残念ながらまだ雲の中だった。

Sample Content

手前に見えるのは法恩寺山スキー場

Sample Content

格納庫の前にずらりと航空自衛隊の飛行機を横目に離陸。すぐに左旋回して福井石川県境に向かう。左手に白山連峰が見える。麓のスキー場は雪でコースがくっきり見える。だが白山は頂上に雲がかかっていて真っ白な神々しい姿は現れない。

遠くの立山連峰、北アルプスも頂上付近は白い。御嶽山は頂上近くに小さな雲が出ていて、一瞬噴火のことを思い出す。

御嶽山

Sample Content

Sample Content

 御嶽山の右の山並みの上に富士山が頭を現す。まだ真っ白とはいかないが山頂から谷筋に雪の線が続く。

静岡県上空では駿河湾、三保の松原越しの富士。右側に少し雲がかかっているだけで広いすそのから完全な形の富士山。周りには競う山はなくゆったりと美しい。

 いつものように伊豆大島の南側を通る。島の上には小さな積雲がかかっている。奥に富士山も見える。

伊豆大島

 三浦半島の上の富士山、横浜の上の富士山、東京湾越しの富士山。羽田空港着陸直前までいろいろな組み合わせの富士山が見え続けた。

 最後に着陸直前、高度が下がると地平線近くに雲が出ていた。少し黒みかかった雲、最後まで富士山が見えなかったのはちょっと残念だった.東京の市街地にでても富士山は見えなかった。

 

日本最大の古墳群を一望、大阪湾も 堺市役所

高層からの風景・堺市役所展望ロビー

大阪市には古くは通天閣、風を感じながら下界を見る空中庭園展望台、ビルとしては日本一のあべのハルカスなど高層からの風景を楽しめる場所が多くあり、それぞれ魅力いっぱいだ。

大阪の隣街、堺市にも隠れた空中の名所がある。堺市役所の21階展望ロビーだ。市民のための業務を行っている市役所最上階が無料で開放されている。市役所は南海電鉄高野線堺東駅から徒歩5分、堺市の中心部にある。大阪の天王寺駅に近いあべのハルカスから南側を見ると少し遠くにぽつりと一本だけ立って見えるのが堺市役所だ。

あべのハルカスから見える堺市役所

堺東駅

21階の展望ロビーは、来訪者も多く忙しそうに業務をこなす庁舎とは別世界が広がる。平日は訪れる人も少なく四方を見渡せる回廊式の展望スペースはゆったりと時間が流れる。地上80メートルと決して高くはないが、周囲に高い建物はなく360度の眺望は抜群。

大きな大山古墳。前方後円部は森のように見える。周壕は見えない。

ここからの眺めがすばらしいのは日本最大の古墳群百舌鳥古墳群を眼下に見ることができることだ。全長486メートルと世界最大の墳墓である仁徳天皇陵(大山古墳)を中心とした百舌鳥古墳群や履中天皇陵、反正天皇稜が見える。

 

堺東駅の近くにある反正古墳。長さ150メートルとやや小ぶりだが、市役所にも近く大きく見える

 

大山古墳の横を南海電車が走る

北川の風景は大阪市が広がる。あべのハルカスが一際高く、その後ろに高層ビル群が見える。

ハルカスや大阪の市街地が広がる

ひときわ高いあべのハルカス

西側には大阪湾が見える。遠くには淡路島や明石海峡大橋が見える日もある。

堺市役所を訪れたのは2015年12月24日。午後4時前だったが,西の空は夕焼けが近づいていた。

高層からの風景 あべのハルカス

高層からの風景 ミッドランドスクエア

白山10月に続き連続地震280回

 石川、岐阜県境にあり福井県にも身近な白山で2017年11月29日また連続した火山性地震が観測された。

 気象庁が同日午前10時に発表した「白山の火山活動解説資料」によると29日午前3時頃から白山の山頂(御前峰)付近を直下とする地震が午前3時頃から9時ごろまで281回を記録。午前5時6分にはM2.8、白山市白峰で震度1を観察した。

 白山で一日に250回を超えるのは2005年12月に観測を始めて以来初めて。低周波地震や火山性微動はなく噴火警戒レベルは1のまま。当面心配はなさそうだが気になるニュースだ。

 

 白山は室町時代から江戸時代に何度も噴火した記録のある活火山。最後の噴火は1659年。

 今年は10月10日から11日にかけて129回の連続地震も観測している。いつか再び噴火する日もあると備えていく必要があるだろう。

白山10月にも連続地震

あべのハルカス、300メートルから大阪を一望

高層からの風景 あべのハルカス 

 天王寺公園、電車、大阪城、大阪湾、神戸、淡路島、堺‥‥

通天閣からみたあべのハルカス

 大阪市のJR天王寺駅の真ん前。近鉄大阪阿部野橋駅の上に立つあべのハルカスは2017年11月現在日本で最も高いビルダ。高さ300メートル60階建て。上部は展望スペースとなり大阪市はもちろん、近隣の市も見渡せる。

ハルカスは2014年に完成。それまでは横浜市のランドマークタワーが296メートルでトップだった。ランドマークタワーは70階建てで、ハルカスは60階建てだからハルカスの方が各フロアの天井が高いことがわかる。

ハルカスは1階が近鉄の阿倍野橋駅。地下は天王寺駅と通じている、2階から上は14階までが近鉄百貨店、16階がハルカス美術館と展望スペースへのエレベーター乗り口。19,20階がマリオットホテルのロビー。オフィス階をはさんで38階から上がレストランを含めた大阪マリオットホテル、58階から上が「ハルカス300」となっている。

 2015年6月始めて上がった。最初雨模様だったが幸いすぐに晴れてきた。

 ハルカス300の入場料は大人1500円。

ハルカス300展望回廊に上がると晴れてきた

 16階から高速エレベータで上がると最上階の展望スペースに到着する。

 ビルの真ん中は吹き抜けで、ガラス張りの壁面に沿うように広い回廊スペースがありぐるーっと1周すれば東西南北を見下ろすことができる、

道路中央を走る阪堺線の電車

奥には堺市も見える

 南側は堺、和歌山方面。真下には住吉、堺方面に向かう阪堺電気軌道の阪堺電車上町線が見える。天王寺駅を出てからしばらくは路面電車のような雰囲気で道路中央を走っている。

 奥には堺市の巨大古墳をとりまく木々は林のように見える。長居スタジアムも南東方向に見える。

 

JRと近鉄電車が交差

東側は下に見える線路と道路の交差する様子が面白い。JRの大阪環状線、関西本線、阪和線にあべのハルカスの下の阿倍野駅を始発とする近鉄南大阪線が交差する。

天王寺公園や四天王寺

 北側は大阪の中心街、梅田を中央奥に見ながら手前下には天王寺公園、四天王寺、その向こうにビルの谷間から大阪城が見える。

 西側は難波が手前に奥には大阪湾岸のビル群や、大阪環湾をへだて神戸や、淡路島も天気がよければ見えてくる。天王寺公園のそばに立つ通天閣がはるか下にあることに驚く。

梅田、京橋方面

京橋、梅田方面

弁天町方面