中秋の名月、2018年は秋分の日の翌日

中秋の名月

中秋の名月は旧暦8月15日の月をさす

月の満ち欠けを元にした旧暦だから現在の太陽暦では毎年日付が変わる。旧暦では7月から9月が秋。7月を初秋、8月を中秋、9月を晩秋と呼んだ。中秋の十五夜、満月の日を中秋の名月として、平安時代から月を愛でる宴の日とした。正月やお盆などいろいろな年中行事が新暦で行われるが、中秋の名月は旧暦で行われるため、毎年日が違う。

中秋の名月の前日9月23日の月

2018年は9月24日が中秋の名月。秋分の日の翌日となった。

としは9月10日が旧暦の8月1日、9月24日が旧8月15日となった。9月24日の月の出は17時42分。ほぼ真東から上がってくる。

実は9月24日は満月ではない。天文学的な月齢は24日が「14」。完全な満月は25日の午前11時過ぎだ。日本からは見えない時間だ。