山頂に雪がつもり始めた富士山 小松発羽田行き

このエントリーをはてなブックマークに追加

 小松発羽田行き初冬のJAL184便

駿河湾、伊豆半島越に見えた富士山

冬空になった12月、出張のついでに雪をかぶった富士山を見ようと石川県小松市の小松空港からJALで東京に向かった。2017年12月7日北陸など日本海側も好天、東京など大平洋側も好天という珍しい天候だった。富士山を見るには最適の気象だ。

航空自衛隊の飛行機

離陸するとすぐに左旋回。片山津温泉そばの柴山潟がみえる

 小松発9時30分。JAL184便、B767。早めに予約したので前から2番目、左窓側の席。少し割り高の席でも新幹線よりは安い。空港には前日からの雪が少し残っているが、青空が広がる。かなり白くなっているはずの白山は、残念ながらまだ雲の中だった。

Sample Content

手前に見えるのは法恩寺山スキー場

Sample Content

格納庫の前にずらりと航空自衛隊の飛行機を横目に離陸。すぐに左旋回して福井石川県境に向かう。左手に白山連峰が見える。麓のスキー場は雪でコースがくっきり見える。だが白山は頂上に雲がかかっていて真っ白な神々しい姿は現れない。

遠くの立山連峰、北アルプスも頂上付近は白い。御嶽山は頂上近くに小さな雲が出ていて、一瞬噴火のことを思い出す。

御嶽山

Sample Content

Sample Content

 御嶽山の右の山並みの上に富士山が頭を現す。まだ真っ白とはいかないが山頂から谷筋に雪の線が続く。

静岡県上空では駿河湾、三保の松原越しの富士。右側に少し雲がかかっているだけで広いすそのから完全な形の富士山。周りには競う山はなくゆったりと美しい。

 いつものように伊豆大島の南側を通る。島の上には小さな積雲がかかっている。奥に富士山も見える。

伊豆大島

 三浦半島の上の富士山、横浜の上の富士山、東京湾越しの富士山。羽田空港着陸直前までいろいろな組み合わせの富士山が見え続けた。

 最後に着陸直前、高度が下がると地平線近くに雲が出ていた。少し黒みかかった雲、最後まで富士山が見えなかったのはちょっと残念だった.東京の市街地にでても富士山は見えなかった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です