東京への3ルート電車、飛行機どれにする?

 福井県から東京へ行くときどの交通手段にしようか迷う。

 住んでいるあわら市から東京へは公共交通機関で4つの選択肢がある。ひとつはJR北陸線で米原駅まで行き、米原から東海道新幹線でいくルート。二つ目はJR北陸線で金沢駅まで行き、金沢から北陸新幹線で行くルート。

 もう一つは石川県の小松空港から羽田空港(東京国際空港)まで行くルート。

 最後は福井市から高速バスで行くルート。鉄道会社が運行する定期高速バスは夜出て早朝に着くのが主流で、早朝出発し夕方前につくのもあり、料金は6000円から9000円台と新幹線を使うのと半額程度だが、ちょっと体力的にきついので乗ったことはない。

 2015年に北陸新幹線が開通する前は米原周りが多かった。空の風景が見たいときだけ小松空港を選んだ。米原周りは北陸線の特急「しらさぎ」と、米原からの「ひかり」で東京まで3時間40分。料金は芦原温泉ー東京、普通に買えば片道14400円、往復28800円だが、飛行機と競い合っているため、JRは東京往復切符という北陸からの往復限定の商品を以前から発売している。往復で25590円。飛行機は往復で30000円を越え、この価格がずっと最安だった。東京出張は新橋へ向かうことが多く、以前は東京乗り換え、その後品川乗り換えが便利だった。

東京行きの北陸新幹線=金沢駅で2015年5月

 北陸新幹線ができて一気に選択肢が広がった。芦原温泉から金沢まで在来線特急、金沢から北陸新幹線「かがやき」に乗り継ぐと最短で3時間27分で行ける。料金は 東海道周りよりも新幹線の乗車区間が長くなることから片道15580円。往復で31000円を超える。正規料金だとこうなのだが、JR西日本のe5489(イイゴヨヤク)会員になってe早得で購入すると片道13460円、往復26920円。米原周りの東京往復切符には及ばないもののかなり安くなる。ほかに東海道、北陸新幹線を片道ずつ使うプランもある。

 福井から北陸新幹線を使うことの大きな利点は在来線から新幹線の乗り換えの楽さだ。米原では陸橋で2階に上がり、距離も長い。高齢者など歩くのに負担を感じる人には少しつらい。金沢は在来線から下に降りて短い距離で新幹線に入りエスカレーターでホームに上がる。米原に比べ乗り換え客も少なく混雑していない。開通後は物珍しさもあり何度か乗った。車両も連休前などを除くと空いていることも多く、ゆったりとした感じがする。不満な点は、金沢での接続があまりよくないこと。特に停車駅のすくないかがやきで30分ほど待つこともあり、米原周りの方が速い時間帯が多く本数も多い。

 

 北陸新幹線ができて劇的に料金が下がったのが飛行機だ。金沢以北では乗り換えなし、本数も多く、時間に融通が効く少し時間がかかっても駅から乗り降りできる新幹線の利用車が増え日本航空(JAL)全日本空輸(ANA)は東京便を事前予約なら新幹線より安い価格に値下げした。2017年10月現在の料金は75日前のスーパー先得、55日前のウルトラ先得で日にちと便によっては8000円を切ることもある。前方の座席で2列または3列幅広シートのクラスJもプラス1000円か2000円。新幹線よりもお得感がある。

 ANAも基本的に同じだが、プレミアムクラスの価格などJALより少し高い。また新幹線開通後の減便でJALが一日5便、ANAが4便と少なく、都合のいい時間に乗れないという不便さはある。羽根に邪魔されない窓側の予約はあまり安い便ではできない。急に予定が変わってキャンセルすると半額ぐらいしか返ってこない‥などの難点もある。

 

 それでも東京まで片道1万円を割る魅力は大きい。家からはETCなら金津インターで乗って安宅パーキングエリアで降りられるので往復1580円、ガソリン代が800円程度、駐車場も値下げされ一泊2日なら1000円。あわせて飛行機代以外の諸経費が3400円程度。飛行機代が片道1万円とすると往復でしめて23400円。車で小松空港までほぼ30分で行けて、まさに安くて早い。会議などで予定が決まっているときはかなりの割合で飛行機を使っている。ただ急に予定が変わって高額のキャンセル料金を払ったことはある。

 

 車窓、機窓の風景はそれぞれにいいところがあり、今後リポートしていきたい。一言で言うと飛行機と東海道新幹線は左側の富士山、北陸新幹線は右側の北アルプスが魅力だ。車窓、乗り心地など後日書いてみたい。

白山小規模連続地震まだ気になる

 2017年10月10日ごく小規模ながら連続地震を観測した白山。気になる出来事なので気象庁の資料などをもとにもう少し詳しく見てみたい。気象庁地震火山部火山監視・警報センターは11日10時10分「白山の火山活動開設資料」を発表した。

 この資料によると白山では10月10日22時3分山頂付近の深さ3キロ付近を震源とするM2.3の地震が発生、その後11日朝にかけて小さな震幅の地震が続き10日22時から11日8時まで10時間で108回記録された。また10日一日では118回だった。

 白山山頂から12キロ離れた白峰監視カメラからの映像でも変化は見られず火山性微動もないことから「過去の一時的な地震増加と同様の活動で噴火の兆候は認められない」としている。

 今回の地震はすぐに噴火ということにはつながらなさそうなので一安心だが、日本の活火山はいつ噴火してもおかしくないことは常に意識しなければならない。2014年の御嶽山噴火のように安心していた山が突然噴火し大きな被害を出すこともある。白山が噴火すると少なくとも石川、福井、岐阜の3県に大きな影響がでる。特に今回は大きな噴煙を上げた、宮崎県霧島連山の新燃岳の噴火と時期が一緒だっただけに気がかりではある。

 

噴火から1ヶ月ほど後に羽田発小松行きの機内から撮影した御嶽山。まだ噴煙が見えた

 

 白山は3つの峰で構成され最も高い御前峰が2702メートル。高さは低いが、形の美しさ、雪深くて真っ白な姿が長く見えることなどから富士山は、立山と並んで日本3名山の一つにも数えられ(この選択はいろいろな意見があると思います)多くの登山客でにぎわう。

 ことしは越前の僧泰澄が始めて登ってから1300年。石川県、福井県の両県で開山1300年の記念事業などが行われた。

 

白山で1日で100回以上の小さな連続地震

 2017年10月10日、気象庁や防災のホームページなどによると石川県、岐阜県にまたがり福井県にも近い白山が山頂付近を震源とする小さな地震が118回を数えた。24時間の地震が100回を越えたのは2014年12月16日以来ほぼ3年ぶり。最高の規模はM2.3と小さくいま噴火の可能性があるという訳ではないが。かつて噴火し古文書や古絵図に記録が残っているだけに油断はならない。

 

 気象庁のホームページによると白山は有史以来少なくとも8回噴火している。特に室町時代後期の天文から天正年間は活動が活発で1554年から56年(天文23年から弘治2年)には小規模な火砕流が発生し、下流の加賀の手取川がにごり魚が死んだとの記録もある。当時白山を収めていた福井県勝山市の平泉寺には白山から赤い炎が上がる絵が残っている。

 

 いま白山は日本の111の活火山のうち気象庁は常時観測火山に指定し、地震計や空振計などを置き24時間体制でウオッチしている。噴火警戒レベルは1「活火山であることに留意する」となっている。噴火への警戒がいわれるようになった富士山と同じレベルだ。白山はことし2月17日にも40回以上の地震が起こった。

 

 白山は越前出身の僧泰澄(たいちょう)が717年(養老元年)に開いたと言われる。現在の福井市麻生津に生まれ、現在の越前町の越智山で修行して十一面観音を信じ、717年に白山に登り勝山市に平泉寺をたてた。全国の白山神社のもとになった白山信仰の開祖でもある。

 

 白山は北陸線で福井から金沢方面に向かうとき、飛行機で小松空港から羽田空港に向かうとき天気がよければ見える。冬の真っ白な姿は本当に美しい。

JR北陸線からみた白山=2016年12月小松市から

 ことしは泰澄が白山を開いてことしで1300年。地震は山が泰澄をしのんでいるのか、いつもの平常な営みのひとつか、新たな変動への予兆か。しばらく注目していきたい。

羽田から小松空港 夕暮れの飛行2016年12月

2016年12月10日

羽田15時55発小松行きのJAL189便。

冬至も近く日が短いこの季節。出発の時間はもう夕暮れの雰囲気だ。

離陸を待つ飛行機も黄昏色に染まる。

ほぼ定刻通りテイクオフ。東京の市街地の向こうに夕日が見える。

滑走路に夕日が差し込み滑走路の飛行機の影が伸びる。

東京湾、レインボーブリッジ、お台場……。上空からくっきりと見える。

隅田川の向こうにはスカイツリー。

東京ディズニーランドを左に見て、機は左旋回。北アルプスを越えて日本海、小松へ向かう。

上空に少し雲が広がってきた。

雲をぬけると雲海が広がる。上空の傾いた夕日を受けて黄金色に雲が色づく。

左側に富士山が見えてきた。雲の上に頭を出している。横から光りを受けて三角のシルエットが美しい。

御嶽山が左下に見えるころ機は降下に入るというアナウンス。西側からのまぶしい光りで雲の輝きが増す。

雪ですっぽり覆われた真っ白な山が見えてきた。白山だ。白山は帰路東側から見た方が穏やかに見える。

機はいったん日本海に出る。湖とその海側に風車が林立している。石川県と福井県境にある北潟湖だ。

雲が広がり、少し雨模様にも見える。

東尋坊の上空あたりで左旋回。小松空港への着陸進路に入った。

小松空港から羽田へ2016年12月(その2)

富士山左手に一路羽田へ

北川から見た富士山。山頂の中央に大きな亀裂が見える。

 

富士山を左に見ながら進むと海岸線が見えてきた。駿河湾か。砂浜が見える。

市街地の上空を通って海に出る。下に空港の滑走路が見える。静岡空港か。さの先には三保の松原も見える。青い海との境の海岸線がよくわかる。

飛行機はゆっくり左旋回。駿河湾越しに富士山がくっきりと見える。麓では雲が右に流れている。煙が上がっているようにも見える。手前には伊豆半島の付け根も見えてきた。伊豆半島の中腹には大きめの積雲も。さらに進むと伊豆半島東側へ。すり鉢を逆さにしたような大室山も見える。

駿河湾越しの富士山。中腹から雲?煙?

 

海上を進むと伊豆大島が見えてきた。空港、防波堤がくっきりと見える。中央部の三原山は草木がなく赤茶けている。火口は深く落ち込んでいる。三原山越に見える富士山は小さくなっている。

大きく左旋回し房総半島を横切って東京に近づいていく。三浦半島が近づいてくる。横須賀港が見えるが大きな船はいない。三浦半島の奥に江ノ島も見える。横浜港に近づき、富士山の右側に雪をかぶった連山も。東京湾を航行する大小の船が見える。

ランドマークタワーなど横浜市みなとみらいの高層ビルもくっきり。港には旅客船とみられる大きな船が泊まっている。みなとみらいと富士山の2ショットは主翼が邪魔してうまく撮れない。やはり撮影は前席がベター。

高度がどんどん下がっていく。船と白い曳航がすぐ下にある。羽田への着陸アプローチに入ってもランドマークタワーは左後ろに。横浜と羽田がすぐ近くにあることがわかる。まもなく着陸。小松―羽田ほぼ一時間の飛行だった。

小松空港から羽田へ 2016年12月(その1)

雨が上がった小松空港。右がANA754便のB737

 

冬の青空の下、小松を離陸

2016年12月8日。行きは午前10時過ぎ発のANA754便で小松から羽田へ。

空港に到着した時には雨も上がり青空が広がってきた。でもターミナルビルから真っ正面に見えるはずの白山はまだ雲の中。席は後ろから3

列目。飛行機に乗るときは可能な限り窓側へ。小松から東京へ向かうときは富士山が見たいので左側に席をとる。翼に邪魔をされないよう出来たら前の席にしたい。しかしこの日はあいてなく後部の席にした。

日本海上空から見える小松空港

 

定刻通り離陸。いつも楽しみにしてる航空自衛隊機は既に離陸しているので活発な動きはなかった。

ターミナルから見て左方向、東北に向かって離陸。すぐに左に旋回して日本海に出た。窓から空港が見える。その先には片山津温泉の柴山潟も。さらに左旋回して福井石川県境の北

2702メートルの山頂は深い雪の中

潟湖付近から南東に向かう。

薄い雲を超えると白山がくっきり見える。

機は白山に近づいていく。

 

標高2702メートルの白山は上部はもう厚く雪が積もっている。山の名通り真っ白だ。下の方はまだ雪は少なく、その下は雲の中だ。白山の少し奥には立山連峰が見える。

2017年は全国に広まった白山信仰の祖、泰澄が白山を開いてから1300年となる。

下から見上げる白山も美しいが、飛行機から見る白い山

2000メートル以上は雪の世界

容も気高さを感じさせる。

白山を過ぎたころ、奥に小さく富士山が見えてきた。上空に雲はほとんどなく遠くまで見晴らすことができる。横に伸びた連山の中

白山、奥には立山連峰も

で一つだけ頭が出ている。富士山の真ん中に縦に大きな亀裂というか、くぼみが見える。東海側から見る姿とは少し違う。

左側に御嶽山が見える。以前は噴煙が見えたのだが、今は何も見えず穏やかな表情だ。噴

川の合流点が見える

火はすっかり収まっている。

さらに進むと下に大きな川の合流点が見える。左側の川の上流には御嶽山らしき山容も見える。

遠くだった富士山は近づき山の崩れもはっきり見えてくる。

北川から見た富士山。山頂の中央に大きな亀裂が見える。