続きを読む東日本一のビル、横浜港や首都圏を一望

東日本一のビル、横浜港や首都圏を一望

ランドマークタワー・横浜ロイヤルパークタワーホテル

神奈川件で最も高いビルが横浜市みなとみらい地区にある横浜ランドマークタワーだ。1990年に着工し1993年に開業。70階建て高さ296.3メートル。

2014年に大阪市天王寺に「あべのハルカス」が開業するまでは日本1高いビルだった。 現在も東京スカイツリー、東京タワー、あべのハルカスに続いて4位。明石海峡大橋も加えると5位。堂々たる高さを誇る。横浜市では近くに高さを競うビルはなく、一際高いためよく目立つし、高層階からの景色も遮るものがなくきれいだ。

下の階はタワーのように広がる安定感のあるデザインのビル。下はレストラン街などがあり、8階から48階がオフィス。49階以上が横浜ロイヤルパークホテルとなっている。最最高階が70階でロイヤルパークホテルのレストラン。そのロイヤルパークゾーンの中で69階だけは展望フロア、スカイガーデンになっている。

展望フロアには3階か5階から上がる。大人1000円、小中学生500円。スカイガーデンの高さは272メートル。ビルの展望台としてはあべのハルカスに次いで高い。スカイツリーとかハルカスとは違って速度表示はないが、エレベーターは速い。すぐに展望フロアに到着した。

エレベータを降りると正面に広がるのは横浜ベイブリッジ方面。京浜工業地帯が広がり、遠くには羽田空港方向。左手には武蔵小杉のビル群、新宿の高層ビルも見える。運河が張り巡らされ、通る船がミズスマシのように見える。

下には帆掛け船のようなインターコンチネンタルホテル。パシフィコ横浜ホール、遊園地の大観覧車、小さなジェットコースター。

赤煉瓦倉庫群も見える。

Sample Content

Sample Content

右手に横浜港の桟橋や山下公園。日本郵船の氷川丸、横浜マリンタワーが小さく見える。神奈川県庁もある横浜の官庁街だ。

右回りで展望フロアを進んでいくと横浜スタジアム。その奥には中華街が広がるはずだが上空からやよくわからない。海を隔てた向こうには三浦半島がある。横須賀が見える。

さらに右に回ると神奈川県の山側が広がる。東海道新幹線新横浜方面や周辺の都市部。天候に恵まれると富士山も見えるはずだが、この日は空気が霞んで見えなかった。

Sample Content

Sample Content

ロイヤルパークホテルからの景色もきれいだ。部屋によって方向は限られてしまうが、ゆっくりと眺めていられる。ことし2019年3月に60階以上が「スカイリゾートフロア」にリニューアルされ、部屋から景色を楽しめるよう机の配置などデザインが一新された。窓際にバーカウンターのように机が置かれ、外を眺めながら飲食もできる。ただバスタブなどは以前と変わらない。

8月2日はみらとみらいの花火大会があった。ロイヤルパークホテルのベイブリッジ側のホテルは花火見物には絶好だった。打ち上げる場所もはっきりわかり、高さも部屋とほぼ同じで花火全体を見下ろす感じで、下から見え上げる風景とはひと味違っていた。


タイムラプス動画 ランドマークタワーから港の風景

動画 港を行き交う船

スポンサーリンク
simple_ad1
スポンサーリンク