寒さと暖かさ交互に、夕日が田んぼに輝く

初春の散歩。

3月は暖かくなったり、また冬に戻ったように寒くなったり、春と冬がかわりばんこにやってくる。3月16日、前夜から朝にかけて強めの雨が降っていたと思ったら昼前から晴れてきて昼と夕の2回家の近くを散歩した。

昼はまだ葉っぱがでていない林の上に少し大きめの巻積雲が広がる。風は弱めで気持ちいい散歩だった。

夕方近くには雲は積雲に変わり太陽の前を横切ると光を四方に放つ光芒も。

夕焼けがきれいそうだったので田んぼへでかけた。所々に水を少し張った水田があり夕日を反射する。太陽が茜色に変わっていくと雲もオレンジに染まり、ときどき上空を飛行機が通っていった。春分が近づき夕日の沈む方向は真西に近づき、遠くの建物が強い夕日を受けて輝いていた。