彼岸、夕日は真西に

雑節・春日岸

  春分、秋分の日を挟んで前後3日ずつ、合わせて7日間を彼岸と呼びます。春は「春日岸」秋は「秋彼岸」とも呼ばれます。2020年の春彼岸は3月18日から23日まで。18日が彼岸の入り、23日が彼岸の明けです。

 仏教の思想で、西の方向に理想の地、「西方浄土」があると言われてきた。春分、秋分には夕日がほぼ真西に沈むことから「彼岸」と呼び、先祖を偲んできました。墓参りをする習慣があります。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれてきました。

 ことしの彼岸は天候に恵まれ、毎日のように西に沈む夕陽を見ることができます。

真西へ、日本海に沈む夕陽 =2020年3月21日 サンセットビーチ

【歳時記】春の季語です

彼岸前寒さも一夜二夜かな  路通

雲切れのなくて暮れける彼岸かな 種文

毎年よ彼岸の入りに寒いのは 正岡子規

飲食のあとちりぢりの彼岸かな 清水径子

秋彼岸は9月19日から25日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク