七十二候

紅花咲く頃、バラは色とりどり【七十二候】

七十二候・紅花栄(ばにはな さく)   「紅花栄(ばにはな さく)」は七十二候の第二十三候。染料や食用油をとるためのベニバナが咲く頃。日本では「末摘花」と呼ばれてきた。橙色の花を付け、日がたつにつれ...
七十二候

小満、一夜の雨終わり初夏の暑さ戻る【二十四節気・七十二候】

二十四節気・小満 七十二候・蚕起食桑  二十四節気の「小満」。「万物が次第に長じて天気に満ち始める」という意味。直接的に季節の出来事や自然をさす言葉ではない。春から夏に向かい。生命が満ちてくることを現す。初夏にふさわしい言葉...
七十二候

小さなタケノコ、真竹が生えてくるころ【七十二候・竹笋生】

七十二候・竹笋生(たけのこしょうず)  七十二候の第二十一候。タケノコが出てくるころという。よく食べられる孟宗竹のタケノコは早いところでは3月には収穫され、七十二候とは時期が大幅にずれている。実は5月から6月にかけてでてくるタケノコ...
七十二候

ミミズ這い出す頃天気崩れ【七十二候】

七十二候・蚯蚓出(みみず いずる)  七十二候の第二十候は 蚯蚓出(みみず いずる) 。春本番を迎え、気温も上昇周期的に天候が変化し雨になったとき地中に眠っていたミミズが外に這い出すころ。  2022年は5月1...
七十二候

立夏、爽やかな五月晴れから気温急上昇【二十四節気・七十二候】

二十四節気・「立夏」 七十二候・「蛙始鳴」  「立夏(りっか)」。二十四節気ではこの日から季節は夏となる。二十四節気の第八節。春分と夏至のほぼ中間。新緑の頃。1年のうちでさわやかで過ごしやすいころだ。  2024年は5...
七十二候

牡丹散り、コデマリあやめ見ごろ【七十二候】

七十二候・牡丹華(ぼたん はなさく) 七十二候の第十八候は「牡丹華」。中国をはじめ日本でも華やかな春の花として愛されているボタンが咲く頃を表している。  2024年は4月30日。4月最後の七十二候となる。温暖化...
七十二候

「苗の伸びるころ」晴れてもまだ肌寒く【七十二候】 

七十二候・霜止出苗(しもやんで なえいずる)  七十二候の第十七候は「霜止出苗」。暖かくなって霜が降ることはなく、苗代の稲苗も育っていく頃。温暖化が進んだ最近ではもう既に田植えしているところもある。  2024年は...
七十二候

黄砂の穀雨、霞んだ空の下田植え【二十四節気・七十二候】

二十四節気・穀雨(こくう) 七十二候・葭始生(あしはじめてしょうず)  穀雨は田んぼや畑の耕作準備が整ったころに暖かい柔らかな雨がふるころを表す。「春雨降りて百穀を生化すれば也」。雨が続けば菜種梅雨とも呼ばれる。春の最後の二十四節気...
七十二候

夏日近づき虹は遠く落花始まる?【七十二候】

七十二候・虹始見(にじ はじめて あらわる)  七十二候の第十五候は「虹始見(にじはじめてあらわれる)」。雨粒に光りが差し込んでできる虹は雪の多い冬には見えることが少なく、移動性高気圧と低気圧が交互にやってくる春は天気が変わ...
七十二候

マガンの姿見えず、満開の桜いつまで【七十二候】

七十二候・鴻雁北(こうがんかえる)  この冬は一度もマガンを見ることがなかった。20年ほどマガンの写真を撮ることを楽しみにしているが、この数年飛来を見る機会が減り今年はついにゼロだった。体調の問題で以前より外にを回ることが減...
タイトルとURLをコピーしました