七十二候

花曇りの清明、満開近づきツバメ舞う【二十四節気・七十二候】

二十四節気・清明 七十二候・玄鳥至(つばめ きたる)  二十四節気の「清明」は万物が清浄明潔で明るくなることを表す。晴れた明るい空のイメージがある。2024年は4月4日。前年と同じ日だ。  清明は北陸地方では桜の見...
七十二候

ようやく暖かく、春の嵐の代わりに黄砂【七十二候】

七十二候・雷乃発声(かみなり すなわち こえを はっす)  春の嵐。桜が咲く頃、嵐がやってくることがある。低気圧が発達し寒冷前線が通り、急に寒くなり風が強まり、桜の花を散らし、時には雷も鳴る。  七十二候の第十...
七十二候

小雨模様、桜はもう少し後【七十二候】

七十二候・「桜始開(さくら はじめて ひらく)  七十二候の第十一候は「桜始開」。文字通り桜が開く頃を表している。前年の2023年は桜の開花が早くこの「桜始開」の日が見ごろのところもあり、北陸福井県ではちょうど開花が宣言され...
七十二候

春分の日、桜開花予報遅れ、暴風警報や雪予報

二十四節気・春分、七十二候・雀始巣(すずめ はじめて すくう) 雑節・春彼岸  年に2回昼と夜の長さが同じになる日。春は「春分」、秋は「秋分」。春は毎日日没の時間が少しずつ遅くな、日の出が少しずつ早くなり「春分」は、日の出の...
七十二候

青空に暖かさ戻り、青虫が蝶になる【七十二候】 

七十二候・菜虫化蝶(なむし ちょうと なる)  七十二候の第九候は「菜虫化蝶」。菜虫とは畑の根菜などの葉っぱにつく青虫のこと。青虫が冬にさなぎとなり暖かくなると蝶に生まれ変わる。  2024年は3月15日。昨年...
七十二候

桃が咲く頃、雪がちらつき肌寒い【七十二候】

七十二候・桃始笑(もも はじめて さく)  七十二候の第八候は「桃始笑(ももはじめてさく)」。桃の花が咲き始める春の始めの浮き立つような気分を表す。2024年は3月10日。桃は中国の古典では実も花も愛されている。...
七十二候

啓蟄、肌寒く晴れから雨へ虫も消える【七十二候・二十四節気】

二十四節気・「啓蟄(けいちつ)」 七十二候「蟄虫啓戸(すごもり むし とをひらく)」  二十四節気の「啓蟄」は地中や木の中などに冬眠していた虫が穴から這い出て来る頃を表す。虫が苦手な人にとっては嫌な時期が近づいてくる。冬...
七十二候

うるう年2月の終わり寒さ戻る【七十二候・草木萌動】

七十二候・草木萌動(そうもく めばえ いずる)  うるう年の2024年。いつもより1日多い2月29日が七十二候の第六候の「草木萌動(そうもくめばえいずる)」。今年は平年より一日遅れることが多い。  「草木萌...
七十二候

戻り寒波、青空見えても底冷え雪予報も【七十二候・霞始靆】

七十二候・霞始靆(かすみ はじめて たなびく)  七十二候の第五候は「霞始靆(かすみ はじめて たなびく)」。春になって気温が上がり大気中の水蒸気が増え、野山の塵が増えてきて遠くの山や景色がぼやけて見えるころ。春霞がたなびき...
七十二候

暖冬の雨水、小雨模様の朝寒さなし【二十四節気・七十二候】

二十四節気・雨水(うすい)、七十二候・土脉潤起(つちの しょう うるおい おこる)  立春に続く二十四節気は「雨水」。空から降ってくる雪が雨に変わり、深い積雪も融けて水が流れ出す頃を表す。草木が雨にうたれて芽ぐみ始める。...
タイトルとURLをコピーしました