大雪、夏日から一転雪すぐそこ

二十四節気・大雪

立冬から30日、小雪から15日。初冬の中ごろ、冬らしさが増してくるころだ。12月7日になることが多い。2018年も12月7日だった。日本海ではブリやハタハタの季節となる

大雪の12月7日は一日中曇り空だった

12月4日は全国各地で暖かく大分で夏日の27度、各地で12月の最高気温を更新した。

5日から冬の季語気温は下がり始め6日は最高気温が10度から15度のところが多く内陸では10度を割った。

大雪に会わせるかのように雪が近づいてきた。8日、9日は雪マークのところが多い。

 

冬の季語だ

大雪や夜明けの汽笛ひびきくる 伊藤君江

 

大雪の夜は千代紙のだまし舟 奥村美那子

 

前の二十四節気は小雪 11月22日

次の二十四節気は冬至 12月22日

師走スタート、平年より暖かく

和風月名・師走

12月1日。冬スタート

師走は陰暦の12月の別名だが、現在の12月にもいう。

2018年の師走スタートは冬を感じさせない全国の多くが暖かい日だった。

東京の最高気温は17.2度、平年より3.4度高かった。

日本海側の福井は14.0度で1.5度高かった。

福井の空は午前中一時青空が見えたものの、ほぼ曇りの一日だった。

小雪、冷たい雨が降り続いた

二十四節気・小雪(しょうせつ)

「立冬」に続く二十四節気の言葉

小雪の11月22日、朝から冷たい雨

冬が少しずつ近づき場所によっては少し雪が降り始めるころを現す。

2018年は11月22日。ことしは11月9日にエルニーニョの発生が発表され暖冬傾向だが小雪を前にした11月20日札幌市で初雪が観測された。

福井など22日の北陸地方は朝から冷たい雨。福井市は最低気温が9.0度。午後2時の気温が10.0度までしか上がらないなど寒い一日だった。まだ雪は少し先で石川県境の山々も白くなっていない。

前の二十四節気は11月7日立冬

次の二十四節気は12月7日大雪

小雪は冬の季語

小雪や箸ひとひらの千枚漬け 長谷川かな女

小雪といふ野のかげり田のひかり 市村究一郎

小雪いう日の青空深すぎる  ちいずか存

立冬、冬の始まりでもまだ暖かく

二十四節気・立冬

秋分と冬至のちょうど中間の日。11月7日になることが多い。2018年も11月7日。冬の初めを意味する言葉だが、実際は秋が深まってくる頃。紅葉も本番、地域によっては終わりかけ。

ことしは10月終わりから11月初めは最高気温は20度を切り、最低気温が10度程度と寒かった。北陸地方でも福井、石川県境の白山が初冠雪しているのが確認できた。

立冬が近づくと逆に暖かくなり立冬当日朝の最低気温は福井市で10.7度と寒さは感じなかった。金沢市では13.3度とさらに暖かかった。

【歳時記】冬の季語

立冬の木の影遊ぶ芝の上 木下夕蘭

竹売のひなたを来るやけさの冬 久保田万太郎

武蔵野はもの枯れ冬に入るひかり 加藤秋邨

 

前の二十四節気 霜降・10月23日

次の二十四節気 小雪・11月22日

11月霜月・朝晩寒くなってきた

和風月名・11月 霜月(しもつき)

11月1日から霜月。
文字通り「霜」が降る月。
秋の終わりの月だ。

10月の終わり、時雨空 遠くに雨が見える 10月31日

「霜しきりにふるゆえに」「霜いたく冴ゆるよりて」など古典では解説されている。

「霜降月」「雪街月」「雪見月」「神楽月」とも呼ばれる。

北海道ではもう雪の便りも聞こえる。
高い山々の頂上はもう白くなっている。

まだ雪が降らないところでは紅葉が色づいてくる。
【歳時記】
俳句では冬の季語だ。

霜月や雲もかからぬ昼の富士 正岡子規
霜月の霜なくて立てり青芭蕉 水原秋桜子
霜月や鯨入り来し伊勢の海  宇佐美魚目
雪町月林はもののこゑ透る  加藤楸邨

霜降、20度を超える暖かい日だった

二十四節気・霜降(そうこう)

露が冷気で霜となって降りてくる頃。

霜降の2018年10月23日、暖かい一日だった

前の二十四節気は寒露で、言葉からも寒さが増してくることが伝わる。

いよいよ秋が深まってくる。平地でも木々の紅葉が始まるでもある。

2018年は10月23日。

全国的に最高気温が20度を超えるやや暖かい日だった。

福井市では曇りで時々青空が広がった。

最高気温が22・9、最低気温が11・6度だった。

前の二十四節気は寒露 10月8日

次の二十四節気は立冬 11月7日

秋土用入り、寒くなってきた

雑節・秋土用

秋土用は立冬の前の18日間をいう。
2018年は10月20日が秋土用入り
11月6日が土用明け
11月7日が立冬となる

土用は季節の変わり目の次の季節への準備期間。
秋土用はそろそろ寒くなり始め、冬の準備を始める期間だ。

10月20日は全国的に最高気温が20度を切るところが多かった。

寒露台風の熱気も去り秋空高く

二十四節気・寒露

2018年10月8日「寒露」。気温も下がり青空が広がった。

「秋が深まり野の草に露が結ぶ頃」を意味する寒露。2018年は10月8日。

秋半ば、涼しさが増してくる時期だがことしは台風25号の余波で太平洋上から暖気が引き寄せられ、さらに関東ではフェーン現象が起こるなど暑さが戻っている。寒露前日の10月7日は静岡市で34度を超えるなど大平洋側で暑い一日だった。

寒露の10月8日は台風の熱気も去り本州の平地でも朝の最低気温が10度を割る地点だ出ている。福井も晴天が広がり、朝の最低気温は17度台だった。秋の深まりを感じさせる空だが、まだ露が結ぶほど寒くはない。

寒露は秋の季語だ

竹林の空に鳶舞ふ寒露の日 有泉七種

茶の木咲きいしぶみ古ぶ寒露かな 飯田蛇笏

タイムラプス動画 色づく夕日

前の二十四節気は秋分 9月23日

次の二十四節気は霜降 10月23日

二十四節気一覧 

二十四節気一覧

                   節・中  意 味 2018年 2017年
立春(りっしゅん) 1月節 寒さが峠を超え春の気配 2月4日 2月4日
雨水(うすい) 1月中 雪が解け、雪が雨に変わる 2月19日 2月20日
啓蟄(けいちつ) 2月節 地中の虫がはい出てくる 3月5日 3月5日
春分(しゅんぶん) 2月中 昼と夜の時間がほぼ等しく 3月21日 3月20日
清明(せいめい) 3月節 すべてが生き生き清らかに 4月5日 4月4日
穀雨(こくう) 3月中 穀物を潤す春雨が降る 4月20日 4月20日
               
立夏(りっか) 4月節 夏の気配が感じられる 5月5日 5月5日
小満(しょうまん) 4月中 すべてが伸び天地に満ちる 5月21日 5月21日
芒種(ぼうしゅ) 5月節 稲など芒のある種を植える 6月6日 6月5日
夏至(げし) 5月中 太陽が高く昼が長い 6月21日 6月21日
小暑(しょうしょ) 6月節 暑さが増し梅雨が明ける頃 7月7日 7月7日
大暑(たいしょ) 6月中 夏の暑さが極まるころ 7月23日 7月23日
       
立秋(りっしゅう) 7月節 秋の気配が感じられる頃 8月7日 8月7日
処暑(しょしょ) 7月中 暑さがおさまる頃 8月23日 8月23日
白露(はくろ) 8月節 朝晩露が草花に宿る 9月8日 9月7日
秋分(しゅうぶん) 8月中 昼と夜が等しく真西に日没 9月23日 9月23日
寒露(かんろ) 9月節 秋深まり野草に冷たい露 10月8日 10月8日
霜降(そうこう) 9月中 霜が降り始める頃 10月23日 10月23日
      冬    
立冬(りっとう) 10月節 冬の気配が感じられる 11月7日 11月7日
小雪(しょうせつ) 10月中 寒さが増し雨が雪に変わる 11月22日 11月22日
大雪(たいせつ) 11月節 雪が降り積もってくる 12月7日 12月7日
冬至(とうじ) 11月中 昼が一番短く太陽が低い 12月22日 12月22日
小寒(しょうかん) 12月節 寒の入り、寒気が増す 1月5日 1月5日
大寒(だいかん) 12月中 寒さが極まる頃 1月20日 1月20日

中秋の名月、2018年は秋分の日の翌日

中秋の名月

中秋の名月は旧暦8月15日の月をさす

月の満ち欠けを元にした旧暦だから現在の太陽暦では毎年日付が変わる。旧暦では7月から9月が秋。7月を初秋、8月を中秋、9月を晩秋と呼んだ。中秋の十五夜、満月の日を中秋の名月として、平安時代から月を愛でる宴の日とした。正月やお盆などいろいろな年中行事が新暦で行われるが、中秋の名月は旧暦で行われるため、毎年日が違う。

中秋の名月の前日9月23日の月

2018年は9月24日が中秋の名月。秋分の日の翌日となった。

としは9月10日が旧暦の8月1日、9月24日が旧8月15日となった。9月24日の月の出は17時42分。ほぼ真東から上がってくる。

実は9月24日は満月ではない。天文学的な月齢は24日が「14」。完全な満月は25日の午前11時過ぎだ。日本からは見えない時間だ。