命に関わる猛暑続き、夏土用入り

雑節・夏土用

「土用」は季節の変わり目を象徴する年に4回ある。4月の春土用に続くのが夏の土用で土用の丑の日に、全国でウナギを食べる風習がある。4つの土用のうち夏の土用が広く知られている。2018年は7月20日が土用入りで立秋までの18日間。

 7月20日が春土用入り

 7月20日と8月1日が丑の日

 8月6日が土用明け

 8月7日が立秋

丑の日にちなんで「う」のつくものを食べる習慣がある。万葉集のころから風習はあり、江戸時代に平賀源内が広めたという「ウナギ」を食べることが広がっているが牛の肉、ウリ、うどんを食べることも。これから本格化する夏を乗り切る体力をつけようという習慣だ。

土用の前から猛暑が続く。大地に蒸気が立ち霞む=2018年7月19日

だが2018年は土用を前に日本各地は猛暑に見舞われ、岐阜県多治見市で18日に気温40度を超え、19日も京都で40度間近になるなど既に異常高温。熱帯夜も続く。

また土用は虫干しすることもある。農作業でも節目で水田の水を抜く時期でもある。

土用は夏の季語

小豆買うて煮んとぞ思ふ土用入 高浜虚子

ふかぶかとしみたる雨や土用入り 木津柳芽

土用鰻息子を呼んで食はせけり 草間時彦

 

 

小暑、梅雨明けるころのはずが大雨

二十四節気・小暑

7月7日は二十四節気の「小暑(しょうしょ)」、七夕でもある。

梅雨明けが近づき暑さが本格的になるころを意味する。蓮の花が咲く頃ともされている。2018年は7月7日。7月6日になる年もある。この日から暑中となる。

7月7日小暑は時折強い雨。地域には避難勧告も出ていた

小暑になってもまだ梅雨入りがなかった年は気象庁の発表上では梅雨がなかった年となる。

小暑は実際の天気とは違った年も多い。7月の初めはまだ梅雨で、特に梅雨末期の大雨に見舞われることもある。

2018年も梅雨が明けていたのは関東と沖縄だけ。それどころか九州南部から中国、四国、中部地方の西部では大雨警報や洪水警報がでる激しい雨が続いている。特別警報がでた県もあり大勢の犠牲者もでた。

気温も前週は最高気温が35度を超える猛暑日もあったのにこの2,3日は肌寒い。七夕でも空は雲に覆われ、天の川が見えない。

小暑は夏の季語

「部屋ぬちへ小暑の風の蝶ふたたび」 皆吉爽雨

「一本の細書きを購ふ小暑かな」 勝俣一秀

前の二十四節気は夏至 6月21日

次の二十四節気は大暑 7月23日

半夏生、農作業休みタコ、鯖、うどん食べる日

半夏生前日の7月1日の夕景

雑節・半夏生

夏至から11日目。ドクダミの仲間の薬草半夏(はんげしょう)がこのころ生えていくのでこの名が付いたという。2018年は7月2日。

半夏生の期間は5日間。この日までに田植えを終わらないと秋の収穫に半分しか間に合わないともされ、全国的に農繁期の休みの時期でもある。いったん農作業を休んで次の忙しい時期に備え、おいしい食べ物を食べ休養をとる。ちょうど1年の折り返しの時期だ。

半夏生7月2日の空。田んぼは苗が成長して緑が深まっている。

大阪地方を中心に関西では稲の穂が多くに分かれて成長するようにとの願いを込め足の多いタコを食べる習慣があるという。

福井県の岐阜県境に近い盆地の大野市では鯖を焼いて食べる。 海から遠い大野では江戸時代、大野藩主が田植えに疲れた農民を思いやり、飛び地のあった越前海岸で捕れたサバを丸焼きにし、食べさせたのが始まりといわれる。市内の鮮魚店ではサバを串に刺して丸焼きにして販売している。

香川県ではうどんを食べる習慣があり、半夏生の7月2日が「うどんの日」になっている。

ハンゲショウは、水辺や湿地に見られるドクダミ科の多年草。花の下の葉が半分だけ、おしろいを塗ったように白く変わるため「半化粧」と呼ばれるという説もある。

半夏生は夏の季語

「風鈴の夜陰に鳴りて半夏かな」 飯田蛇笏

「いつまでも明るき野山半夏生」草間時彦

半夏生は七十二候の言葉でもある。

前の雑節は「入梅」6月11日

次の雑節は「夏土用」

夏至天気は回復、強い日差し遅い夕日

二十四節気・夏至

 二十四節気の「夏至(げし)」。昼の時間が最も長い日。うるう年などをのぞくと6月21日になることが多い。2018年の夏至の21日は前日からの雨が上がり、朝から青空が見えた。

夏至の朝、青空が見えてきた

 午前中は雲も多かったが、午後には晴れ上がり、年間で一番強い日差しが地上を照らし出した。

 夏至の日太陽は東の空の最も北寄りから現れ、天空の頂上近くを通り、西の空の最も北寄りに沈む。

日没は北寄りの空へ

 日の出、日の入りの地点は少しずつ北へ動き夏至の日が最も北寄りとなる。日の出の時間は早く、日没は遅い。夏至以降逆に南へ移り秋分の日が真東で日の出、真西で日没。さらに南へ動いていく。

 この日の福井市の日の出は4時39、日没は19時16分。昼の時間は14時間37分。

 前の二十四節気は芒種・6月6日

次の二十四節気は小暑・7月7日

 

明日は夏至、天気も回復か

二十四節気・夏至

夏至前日の6月20日の空。小雨模様

6月21日は二十四節気の「夏至(げし)」。北半球では最も昼の時間が長い日だ。そして地球の地軸が傾いているため、北半球では最も太陽に近い日でもある。日差しが一番強い日で晴れたら日焼けに要注意だ。

南半球ではその逆になる。最も夜が長く、たいようから遠く日差しが弱い。

日の出、日の入りの地点は少しずつ北へ動き夏至の日が最も北寄りとなる。日の出の時間は早く、日没は遅い。夏至以降逆に南へ移り秋分の日が真東で日の出、真西で日没。さらに南へ動いていく。

日本では夏至はちょうど梅雨のまっただ中で、雨の日も多い。夏至一日前の6月20日の全国の天気も傘マークや雲マークが並んだ。

6月21日の天気予報は全国的に回復傾向。晴れマークのところも多い。午後からはさらに好天となりそうで、遅い時間のゆっくりした日没が見れそうだ。

入梅、ことしは列島全体が梅雨入り

雑節・入梅

立春から135日目。6月11日になることが多い。2018年の入梅は6月11日。

 北陸地方梅雨入りから1日後の6月11日。入梅の日雨は夕方から降り始めた。

入梅は文字通り梅雨に入ることを意味する言葉だ。梅雨は一般的に「つゆ」と呼ばれることが多いが気象用語ではもともとは「ばいう」と呼ばれる。東アジアだけに現れる雨季で日本の南岸から中国の揚子江付近に前線が停滞し長雨となる。停滞した前線を梅雨前線(ばいうぜんせん)と呼ぶ。梅の実がなる頃だから梅雨と名付けられた。旧暦では5月に当たることからこの時期の雨を五月雨(さみだれ)と呼んだ。

入梅は暦上でもともと重要な言葉だが、現在はは各地域の気象台ごとに梅雨入り、梅雨明けを発表しているためシンボルリックな意味合いが強い。ただ入梅といわれるとジメジメした季節がやってきたと感じる。

今年は沖縄は5月8日、九州四国は5月26日から28日。中国6月5日。近畿、東海、関東甲信が6月6日。北陸、東北南部が6月10日。

そして東北北部が平年より3日早い6月11日に梅雨入り。入梅と一致した。入梅の日にちょうど北海道を除く日本列島全体が梅雨に覆われたことになった。

 

前の雑節は八十八夜 5月2日

次の雑節は半夏生

芒種「種を蒔くころ」風景は麦秋

二十四節気・芒種

麦は黄色く色づく 芒種は稲や麦など穂が伸びる植物の種をまく時期の旧暦5月の言葉。

2018年は6月6日。

とげのような細い毛がでている麦の穂。芒(のぎ)

「芒」は「のぎ」とも読み稲・麦などイネ科植物の実の外殻にある針のような毛。芒(すすき)もその一種だ。これらの植物の種を蒔くころをいう。「小満」と「夏至」の間の二十四節気の言葉だ。

田植えも終わり稲の苗も伸びてきた

今の季節では稲の田植えは早いところは4月の終わり。育てる米の種類にもよるが5月初めから20日過ぎが多い。芒種の頃は田んぼの緑の苗が伸びて水田は青々としている。一方の麦は種まきは秋から冬にかけて、芒種はもう黄色く色づき早いところでは収穫も行われている。「麦秋」だ。

「芒種はや人の肌さす山の草」 鷹羽狩行

俳句の世界では夏草が強く生えてきている。

七十二候ではカマキリ生まれる日

6月6日は七十二候で螳螂生。(かまきりしょうず)。

カマキリが生まれる頃。夏の虫が生まれる時期でもある。

6月6日は全国的に雨模様

梅雨前線が伸びて近畿、東海、関東甲信地方が梅雨入りした。

北陸地方はどんより曇り空だったが雨はあまり降らず梅雨入りは持ち越した。

小雨模様。6月6日朝の高岡駅
夕方の自宅前の空。うっすら太陽が見えた=6月6日

前の二十四節気は5月21日「小満」

次の二十四節気は6月21日「夏至」

地味な「小満」草が伸び緑が深く

二十四節気・小満
立夏の15日後にやってくる二十四節気が「小満(しょうまん)」。
二十四節気の中ではあまり知られていない地味な暦言葉だ。

麦が少しずつ黄色く色づいてきた。2018年5月20日

小満は「すべてのものが次第に伸びて天地に満ち始める」の意味。立夏が過ぎ気温が上がり作物が育ち、木の若葉が伸びる。

風薫る5月の空に現れた暈

 5月21日が小満になることが多い。2018年の小満も21日。立夏の後一時気温が高い日があったが、再び気温が下がり、過ごしやすい日が続いた。まさに「風薫る5月」。

平野では田植えされた苗が伸び、青々としていた麦は緑から黄色に色づいてきた。

田んぼの苗も青々と伸びてきた

5月21日の福井市の天気は晴れ。朝から青空が広がり、きれいな巻雲や巻層雲、巻積雲が広がり、夕方はほぼ雲も消えて明るい夕日が平野を照らし出した。

5月21日小満、朝の空
小満夕方の空

最高気温は25.7度。前日より4.5度、平年より2.7度高く少し暑さが戻ってきた。これからは田植え後の稲もぐんぐん育っていきそうだ。

明るい空。これから水田も緑になってくる

前の二十四節気は立夏、5月5日。

次の二十四節気は芒種 6月6日。

さわやかな青空 立夏

二十四節気・立夏

七十二候・蛙始鳴(かわずはじめてなく)

夏の始まりの夜明け。日の出は午前6時前

旧暦の暦の上で夏が始まる。2018年は5月5日。「端午の節句」、国民の祝日の「こどもの日」と重なる年が多い。

夏の初めだけにまだ涼しげな気候で俳句にもさわやかな雰囲気の句が多い。

「夏立つや衣桁にかはる風の色 也有」

「さざなみの絹ふくごとく夏来る 山口青邨」

「美濃といふ立夏の水奔る国 福島勲」

立夏の5月5日は朝から快晴。気温は低くさわやかな青空が広がった。

立夏の日差しを受けて新緑は輝く
夕方には飛行機雲が現れた

前の二十四節気は穀雨

次の二十四節気は小満

八十八夜、新緑が鮮やか、田植えも

雑節・八十八夜

八十八夜は小雨模様。水を張った田んぼが増えてきた

 

「夏も近づく八十八夜」と文部省唱歌でおなじみの「八十八夜」は雑節の一つ。立春から数えて88日目の日を表す。2018年の立春は2月4日。八十八夜は5月2日。

 

 「88日の別れ霜」という言葉もあり、このころにはもう霜が降りず、朝晩の寒さもなくなる。若葉が広がる新緑の候でもあり、一番茶を摘む季節だ。

 

 夏も近づく八十八夜

 野にも山にも若葉が茂る

 あれに見えるは茶摘みぢやないか

 あかねだすきに菅(すげ)の笠

 

 日和つづきの今日このごろを

 心のどかに摘みつつ歌ふ

 摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ

 摘まにゃ日本の茶にならぬ

 

 こののどかな茶摘み歌は、まさに日本の野山の初夏の原風景そのものだ。

 

 平野の八十八夜は田んぼに水が張られ、一部では早稲の田植えも行われ、麦は青々と穂を伸ばす。