大暑、文字通り史上最高41・1度

二十四節気・大暑

2018年7月23日埼玉県熊谷市で日本の気象観測史最高のとなる最高気温41・1度を記録した。東京都青梅市で40・8度、岐阜県多治見市で40・5度を記録するなど広い範囲今年の最高気温を更新する猛暑を記録し日本で最も暑い一日となった。

夕方になってもまだ30度超え。夕日も暑苦しい

23日は二十四節気の「大暑」。文字通り暦の上でも最も暑い日とされる。今年は暦と現実が一致した。二十四節気はもともと旧暦をもとにしているため、実際とは少しずれがある。今回の一致は逆に言うともっと暑い日がさらに来るという恐れもある。

暑さのせいか雲の形も変わっている

Sample Content

Sample Content

 夏の季語だ

兎も片耳垂るる大暑かな 芥川龍之介
念力のゆるめば死ぬる大暑かな 村上鬼城
次の二十四節気は「立秋」8月7日