小暑、梅雨末期の雨や曇り空、豪雨多い時期

二十四節気・小暑 七十二候・温風至(あつかぜいたる)

 二十四節気の小暑はこの日から暑中に入る。これから盛夏を迎えていく。例年小暑の数日後には梅雨明けを迎えることが多い。一方で梅雨末期の集中豪雨被害を迎えることも多い時期だ。

Sponsored Link

 2020年の小暑は7月7日。七夕の日とも重なった。梅雨末期の九州の大雨は続き、集中豪雨被害は福岡県、大分県など九州北部にも広がった。

 北陸でも雨が続いてる。雨は午前中は上がっても空はどんよりした暗い空。小暑となっても気温は30度を下回って過ごしやすい。

 七十二候は第三十一候の「溫風至(あつかぜいたる)。文字通り暑さが強まることを表現している。


 【歳時記】夏の季語だ。

小暑かな佃煮選ぶ佃島 田中風見子


前の二十四節気は夏至・6月21日

次の二十四節気は大暑・7月22日

前の七十二候は半夏生(はんげしょう)・7月1日

次の七十二候は蓮始開(はすはじめてひらく)・7月12日

2020年二十四節気一覧

2020年七十二候一覧

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク