寒露台風の熱気も去り秋空高く

二十四節気・寒露

2018年10月8日「寒露」。気温も下がり青空が広がった。

「秋が深まり野の草に露が結ぶ頃」を意味する寒露。2018年は10月8日。

秋半ば、涼しさが増してくる時期だがことしは台風25号の余波で太平洋上から暖気が引き寄せられ、さらに関東ではフェーン現象が起こるなど暑さが戻っている。寒露前日の10月7日は静岡市で34度を超えるなど大平洋側で暑い一日だった。

寒露の10月8日は台風の熱気も去り本州の平地でも朝の最低気温が10度を割る地点だ出ている。福井も晴天が広がり、朝の最低気温は17度台だった。秋の深まりを感じさせる空だが、まだ露が結ぶほど寒くはない。

寒露は秋の季語だ

竹林の空に鳶舞ふ寒露の日 有泉七種

茶の木咲きいしぶみ古ぶ寒露かな 飯田蛇笏

タイムラプス動画 色づく夕日

前の二十四節気は秋分 9月23日

次の二十四節気は霜降 10月23日

小寒、雪はないが寒くなってきた・二十四節気

二十四節気・小寒

「小寒」は冬の5番目の節気で「寒の入り」の日。1月5日のことが多いが6日の年もある。ことし2018年は1月5日だった。

芸事やスポーツの寒中稽古が始まる日。「きじはじめてなく」「かささぎはじめてすをつくる」などの言葉がある。太陽黄経285度。

福井市の最低気温は1度ちょうどで、平年より0.1度、前日より0.7度高く冷え込みは感じられなかった。最高気温は5.7度で前日より1.4度高くなったが平年より1.6度低かく、日中は肌寒かった。

東京も最低気温1.4度、平年より0.1度、前日より1.4度高い平年並みの朝だった。昼の最高気温は6.3度、平年より3.7度、前日より3.3度低く、小寒らしい寒い日中とだった。

小寒の日、1月5日の朝の空

次の二十四節気は大寒。今年は1月20日となる。

2017年の寒露は少し暑かった

 二十四節気のひとつ寒露。2017年は10月8日だった。旧暦の9月の節で、霜になりそうな冷たい露が現れるという意味がある。だいたい10月8日になることが多いが、10月7日や9日になる年もある。鴻雁来(雁が飛来する日)、菊花開(菊の花が開く日)蟋蟀在戸(寒くてキリギリが家に入ってくる日)などと言われてきた。

2017年10月8日寒露の空
2017年10月8日寒露の空

 2017年10月8日はこの言葉とは逆に暑さが戻ってきた。筆者の住む福井県では福井市が26・3度、平年より3・2度高い。最低気温も17・1度。平年より2・8度高かった。

 天気は朝から青空が広がったが、快晴と言うよりは雲がやや多い一日。少し暖かい風に乗って雲が流されていた。

2016年10月7日寒露の空
2016年10月7日寒露の空

 この時期セイタカアワダチソウの黄色い花が目につくようになる。ことしも家の側で咲いていたし、2016年の寒露だった10月7日もたまたまセイタカアワダチソウが映った写真を撮っていた。

2017年10月8日寒露に撮影したセイタカアワダチソウ
2016年10月7日の寒露に撮影したセイタカアワダチソウの咲いてる風景