非常に強い台風が2度上陸 9月の気象

気象ニュース 2018年9月

【台風】9月4日台風21号(8月28日発生)は950ヘクトパスカル程度の非常に強い勢力を保ったまま徳島県に上陸。四国を縦断し瀬戸内から神戸市に再上陸、若狭湾から日本海にぬけた。

大阪でメートルを超える記録的な高潮を記録し、関西空港の滑走路が浸水、連絡橋に流されたタンカーが衝突して破壊され空港が使用不能となった。関空で58・1メートルの和歌山市で56・4メートルの過去最高の瞬間風速が記録した。日本海側でも敦賀市で47・9メートルの強風が吹いた。

【台風】9月21日 台風24号発生。

【台風】台風24号は沖縄付近で太平洋上をUターン。9月30日「非常に強い勢力」を保ったまま和歌山県田辺市付近に上陸した。同じ月に「非常に強い台風」が2度上陸するのは初。本州の中央部を通り東北沖にぬけた。強風で静岡県を中心に大規模な停電が起こった。日本海側ではフェーン現象と台風のもたらした大平洋側の暑い空気で各地で30度を超えた。