七十二候

七十二候

大寒、年末からほぼ雪なしの暖冬続く【二十四節気・七十二候】

二十四節気・大寒、七十二候・款冬華(ふきのはなさく)  「大寒」は1年で一番寒さが厳しい頃。か」つての暦では1年の終わり二十四節気で最後の節だ。大寒の15日間が終わると立春。暦の春がやってくる。この時期に体を鍛え、1年を生き...
七十二候

雪消えてそろそろキジの声【七十二候】

七十二候・雉始雊(きじはじめてなく)  七十二候の第六十九候は「雉始雊(きじはじめてなく)。日本の国鳥とされているキジが鳴き始める頃とされている。大寒前で寒さが最も厳しい頃だが、キジの鳴き声は自然界は春に向かって動いているこ...
七十二候

寒波訪れず、年末除雪の雪山消える【七十二候】

七十二候・水泉動(しみず あたたかを ふくむ)  2024年3番目の七十二候は「水泉動」。第六十八候。寒気厳しい中、凍った泉の中で水が少しずつ動き出しているという意味。自然の中では目には見えないところで、春に向かって変化が起...
七十二候

小寒・寒の入り、暖かさ続き年末の雪消える【二十四節気・七十二候】

二十四節気・小寒(しょうかん) 七十二候・芹乃栄(せり すなわち さかう)  2022年最初の二十四節気と七十二候。二十四節気の「小寒」は「寒の入り」。この日から節分までの一ヶ月間が年間で最も寒さの厳しいとされる「寒の内」だ...
七十二候

雪の下で麦芽吹くころ、新春穏やかに【七十二候】

七十二候・雪下出麦(ゆきわたりてむぎいずる)  「雪下出麦」は第六十六候。2024年は1月1日が「雪下出麦」。大晦日だった昨年より1日遅く新年最初の七十二候となった。実際の季節は冬真っただ中でこれからさらに厳しい寒さの日...
七十二候

鹿の角折れる頃、寒波去りいったん雪解け【七十二候】

七十二候・麋角解(さわしかのつのおつる)  七十二候の第六十五は麋角解(さわしかのつのおつる)。麋は大きなシカを表す漢字。大陸に住むオオシカやヘラシカを表す。寒さが増し冬の雪が増えていくのに備えて行動しやすいよう...
七十二候

「冬至」の朝初雪ドカ雪、急に銀世界【二十四節気・七十二候】

二十四節気・冬至 七十二候・乃東生(なつかれくさ しょうず)  地球が傾いているため北半球が最も太陽から遠くなるのが冬至。1年間で昼が最も短く夜が長い日。太陽の高度が最も低い。2023年は12月22日、前年より一日遅い。 ...
七十二候

サケの遡上する日冬型強まる

七十二候・鱖魚群(さけのうおむらがる)  七十二候の第六十三候は鱖魚群(さけのうおむらがる)。冬を迎えサケが海から産卵のために川を遡上するころを表す。2023年は12月17日。 2023年は暖かい秋で北陸地方も青空...
七十二候

クマ穴にこもる頃、まだ暖かい日々【七十二候】

七十二候・熊蟄穴(くまあなにこもる) 福井平野から見える白山  「熊蟄穴」は七十二候で熊が冬眠のために穴に入るころとされる。七十二候の第六十二候。  2023年は12月12日。ことしは夏の猛暑の影響もあってか熊が食べるド...
七十二候

気温高い「大雪」、低気圧通過で日本海側一時大荒れ

  二十四節気・大雪(たいせつ) 七十二候・閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)  二十四節気と七十二候は太陽の動きを基にした暦だけに、少し時期が早まったり遅くなったりすることはあっても古くからある世界の暦の中でも...
タイトルとURLをコピーしました