霜降、20度を超える暖かい日だった

二十四節気・霜降(そうこう)

露が冷気で霜となって降りてくる頃。

霜降の2018年10月23日、暖かい一日だった

前の二十四節気は寒露で、言葉からも寒さが増してくることが伝わる。

いよいよ秋が深まってくる。平地でも木々の紅葉が始まるでもある。

2018年は10月23日。

全国的に最高気温が20度を超えるやや暖かい日だった。

福井市では曇りで時々青空が広がった。

最高気温が22・9、最低気温が11・6度だった。

前の二十四節気は寒露 10月8日

次の二十四節気は立冬 11月7日