晩秋の飛行機雲くっきり2日続く

秋も深まりつつある2018年11月15、16日。2日続いて夕方にきれいな飛行機雲が見えた。

飛行機雲は晴れた日にしか見えない。そして晴れた青空の高層の空気が少し湿っていて飛行機が通った時エンジンから出る水蒸気や煙から雲が生まれる。湿度が高いときは大きな曇り広がり、低いときはすぐに消えてしまう。

16日は晴れから曇りへ変化するとき、17日は曇りから晴れへと変わっていく日だった。

 

 

16日の方が上空の湿度が高いのか夕方次々飛行機雲が現れ、出現した雲は幅広く広がっていった。

17日は湿度が低いのか飛行機雲は尾をひかず現れたらすぐに消える。空気が澄んでいて飛行機の機体がはっきり見えた。

タイトルとURLをコピーしました