七十二候

秋分の日、ようやく秋の気配 気温下がりソバの花【二十四節気・七十二侯】

二十四節気・秋分 七十二候・雷乃収声  異常な暑さが続いている2023年、ようやく朝晩が涼しさを感じるころ秋分の日がやってくる、「秋分」と「春分」は昼と夜の時間はほぼいっしょになる日。北半球では春分を境に日が長くなり気温も上...
七十二候

春の嵐の代わりに霞んだ青空気温上昇【七十二候】

七十二候・雷乃発声(かみなり すなわち こえを はっす)  春まっただ中、桜の頃を過ぎようとするとき低気圧による寒冷前線が通過し春に嵐がやってくることがある。急に寒くなり風が強まり、桜の花を散らし、時には雷も鳴る。  ...
七十二候

雨の彼岸、秋分朝晩涼しく【二十四節気・七十二候】

二十四節気・秋分 七十二候・雷乃収声 秋分の日前日の海の夕景  1年に2回ある昼と夜の時間はほぼいっしょになる日。秋分を境に北半球では昼が短くなり夜が長くなっていく。二十四節気では十六番目の節気。秋分の日を過ぎるといよいよ...
七十二候

春の嵐は来ないが寒さぶり返す【七十二候】

七十二候・雷乃発声(かみなり すなわち こえを はっす)  桜の頃を過ぎようとするとき春に嵐がやってくることがある。寒冷前線が通り、急に寒くなり風が強まり、桜の花を散らし、時には雷も鳴る。  七十二候の第十二候は春の嵐...
七十二候

秋分の日、穏やかな朝、光り差し込む

二十四節気・秋分 七十二候・雷乃収声  昼と夜の時間はほぼいっしょになる日。秋分を境に北半球では昼が短くなり夜が長くなっていく。二十四節気では十六番目の節気。秋分の日を迎えるといよいよ秋本番という感じになる。  秋分の...
七十二候

春の嵐に代わって、黄砂来襲

七十二候・雷乃発声(かみなり すなわち こえを はっす)  桜の頃を過ぎようとするとき春に嵐がやってくることがある。寒冷前線が通り、急に寒くなり風が強まり、桜の花を散らし、時には雷も鳴る。  七十二候の第十二候は「雷乃...
七十二候

秋分の日、穏やかな朝、光り差し込む

二十四節気・秋分 七十二候・雷乃収声  昼と夜の時間はほぼいっしょになる日。秋分を境に北半球では昼が短くなり夜が長くなっていく。二十四節気では十六番目の節気。秋分の日を迎えるといよいよ秋本番という感じになる。  秋分の...
タイトルとURLをコピーしました