雨の彼岸、秋分朝晩涼しく【二十四節気・七十二候】

七十二候

二十四節気・秋分 七十二候・雷乃収声

秋分の日前日の海の夕景

 1年に2回ある昼と夜の時間はほぼいっしょになる日。秋分を境に北半球では昼が短くなり夜が長くなっていく。二十四節気では十六番目の節気。秋分の日を過ぎるといよいよ秋が本格化する気がする。

 秋分の日と春分の日は太陽が真東から上がり、真西に沈む。真西に太陽が沈んでいくことから仏教では浄土に向かう彼岸として先祖をしのんできた。秋分を挟んで7日間が秋彼岸、秋分の日が彼岸の中日の「秋分の日」に墓参りをする習慣もある。国民の祝日でもある。春分をはさんで7日間が春彼岸だ。

 2022年の秋分は9月23日。暑さ寒さも彼岸までということわざもあり、夏の暑さも終わりを迎える。ことしは九州から日本海、東北を縦断した台風14号が去った彼岸の入りの20日から急に寒くなった。

 春分の日の23日は北陸は雨模様で気温も低い。全国的に天気は悪く新しい台風も太平洋上で発生した。

 全く気配のなかった庭の彼岸花も20日から急に紅い花が咲くようになった。

 七十二候では雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)。夏の入道雲が現れることも少なくなり雷を伴う夕立もすくなくなるころ。爽やかな空の様子を表現している。七十二候では四十六候だ。

英語で「秋分」は Autumn Equinox

「秋分の日」はthe Autumn Equinox Day

 


 【俳句歳時記】秋の季語

秋分の灯すと暗くなっていし 池田澄子

嶺聳ちて秋分の闇に入る 飯田龍太


前の二十四節気は白露・9月8日

次の二十四節気は寒露・10月8日

二十四節気一覧

前の七十二候は玄鳥去・9月18日

次の七十二候は蟄虫培戸・9月28日

七十二候一覧

タイトルとURLをコピーしました