節分、雪なしでも風雨強まる

雑節・節分

Sponsored Link

雪なしの節分麦が青々と伸びてきた

節分とはもともと季節の変わり目を現す言葉。立春、立夏、立秋、立冬の前日を呼んでいた。特に昔は立春から1年が始まったため立春の前の節分を年始めの行事として重視した。今は豆をまいて鬼を追い払い福を呼ぶ2月の節分が広く定着している。

節分2月3日朝の空

2019年の節分は2月3日。いつもの年だと節分ごろからまだ寒さ厳しく、「節分寒波」で雪が多い年もある。2019年冬は暖冬で北陸地方はほとんど雪が降っていない。2月初めは青空も広がったが、節分は曇り空で午後からは風雨が強まった。

歳時記  冬の季語

節分の春日の巫女の花かざじ  五十嵐播水

節分や海の町には海の鬼  矢島渚男

節分の雪が田を飛ぶ山を飛ぶ 雨宮きぬよ

節分の空地に鬼の面外す   白石不舎

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする