清明に天気崩れて桜散る

七十二候

二十四節気・清明 七十二候・玄鳥至(つばめ きたる)

 二十四節気の「清明」は万物が清浄明潔で明るくなることを表す。晴れた明るい空のイメージがある。2021年は4月4日。

 このところ日本列島は高気圧に覆われ、晴れて暖かい日が続いていた。日ざしも明るくまさに清明という日々だった。しかし4日は低気圧が西から進んできて天気は下り坂。未明から雲が広がり、朝は雨模様となった。

 中国や琉球では清明節に先祖の墓参りをしたり、野原に遊ぶ風習ももあるらしい。

 七十二候では第十三候「玄鳥至」。ツバメが姿を見せる頃だ。ことしも4月前にはツバメがやってきていて、うちのガレージも巣の候補に狙われている。


【歳時記】春の季語

上海を出て清明の野に遊ぶ 三宅清三郎

挿し木して清明の日の風呂焚けり 皆川白蛇

清明やざわつく立ち飲み珈琲店 能城檀

鳥ゐるや清明節のつちくれに 吉岡禅寺洞


前の二十四節気は「春分」・3月20日

次の二十四節気は「穀雨」・4月20日

二十四節気一覧


前の七十二候は「雷乃発声」・3月30日

次の七十二候は「鴻雁北」・4月10日

七十二候一覧


タイトルとURLをコピーしました