夏最後の七十二候、猛暑で夏雲が発展

七十二候

七十二候・大雨時行(たいう ときどきに ふる)

 8月最初の七十二候は「大雨時行」。七十二候の第三十六候でちょうど半分となった。次は二十四節気の立秋で、夏の七十二候の最後を飾る。「大雨時行(たいうときどきにふる」。この場合の大雨は夕立のような急な激しい雨を指す。

もともとは夕立を意味していたことば。最近は急に発達した積乱雲で降るゲリラが現れることもある。大暑の真夏、気温が上がり地面が暖められ上昇気流が発声して夏雲が発達する。

2022年は8月2日。ことしはいったん6月に早々と梅雨明けとなったが、7月には戻り梅雨で大雨になる地点も多かった。7月終わりからようやく本格的夏となりm毎日午後には同じような場所で入道雲が発達、時には雷鳴が響来雨が降ってくる。


前の七十二候は土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし) 7月28日

次の七十二候は涼風至(すずかぜいたる) 8月7日=立秋

七十二候一覧

タイトルとURLをコピーしました