七十二候では朝霧が出る日だが厳しい残暑

七十二候・蒙霧升降(ふかききりまとう)

  七十二候の第三十九候は蒙霧升降る。残暑は厳しくとも朝夕の気温は下がり、早朝森や湖に霧が立ちこめるころという意味。

Sponsored Link

 2020年は8月17日。残暑という名の下に猛暑が続く最近は実感しない言葉だが、北海道の摩周湖や本州の高原では霧の朝が現れることもある。

ことしは厳しい残暑で北陸地方では霧が出そうもない。


 前の七十二候は寒蝉鳴(ひぐらしなく) 8月12日

 次の七十二候は綿柎開(わたの はにしべ ひらく) 8月23日


【歳時記】霧は夏の季語

摩周好し騎士の如くに霧迫り  梶山千鶴子

谷底へ朝霧の壁落ちてゆく  吉村忠太郎

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク