立秋、豪雨止まり猛暑戻る【二十四節気・七十二候】

七十二候

二十四節気・立秋、七十二候・涼風至

 早々の梅雨明け、7月の戻り梅雨、8月の猛暑から集中豪雨と変調の夏になっている2022年の夏。8月7日は二十四節気の「立秋」。暦の上では「秋」の始まりとなる。七十二候は「涼風至」。こちらも秋を意識させる言葉だ

 夏至を頂点に少しずつ太陽の高度が低くなり長くなってきた。二十四節気も十三番目、七十二候も三十七盤面目と1年の後半となってきた。

稲穂も色づいてきた

 2022年は8月7日が立秋。前年と同じ日だ。

 今年は7月の戻り梅雨から下旬は猛暑。その後大気が不安定となり8月初め福井県でも多くの地域で激しい雨となり豪雨被害も出た。6日から雨は上がり再びことしも猛暑がやってきた。7日は北陸地方は晴れの地域が多く朝から気温が上昇。福井市では午前中に32度を超えた。続いている。全国的にも東海地方などを除き晴れで午前中に30度を超えたところが多く、気温から秋は感じられない。

 それでも水田では稲が実り始め、朝晩は巻雲や巻積雲の広がる空となり秋を感じさせてくれる。

 平安の歌人も「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風おとにぞ おどろかれゐぬる」と詠んだように、古来からも暑い日だったが風から秋を感じようとした時期だった。

  立秋以降の暑さは残暑と呼ばれる。


【歳時記】秋の季語

秋きぬと目にさや豆のふとりかな  大江丸

火山湖は昨日の水位秋立てり 山崎美沙緒

秋来にけり耳をたづねて枕の風  芭蕉

秋たつや何におどろく陰陽師 蕪村

夕やけや人の中より秋の立つ  一茶

立秋や国語辞典の位置正す  東和歌子


前の二十四節気は大暑 7月22日

次の二十四節気は処暑 8月23日

二十四節気一覧

前の七十二候は大雨時行(たいうときどきにふる)8月2日

次の七十二候は寒蝉鳴(ひぐらしなく) 8月12日

七十二候一覧

タイトルとURLをコピーしました