処暑、日本海側猛暑。台風徳島、兵庫県へ上陸

二十四節気・処暑台風接近

暑さが収まるころという二十四節気の処暑。

8月23日は「非常に強い」台風20号が接近。午後9時過ぎに四国・徳島県に上陸した。瀬戸内海を横切り午後11時40分過ぎ兵庫県姫路市に再上陸。兵庫県内を縦断して日本海に抜けるというルートを進んでいる。涼しくなるとの期待とは反対に新潟県胎内市で最高気温40・8度を記録するなどこれからの台風の進路になっているフェーン現象となった日本海側で軒並み猛暑日となった。

処暑の8月23日朝、雲が青空をバックにくっきりと見えた4.

24日未明に最接近しそうな福井県でも朝から青空が広がった。気温は坂井市三国町で37・3度、平年より7・8度も高かった。午後から少し風は強まってきた。夕方は山沿いで少し小雨が降ったのか虹も見えた。

黄金色に輝く夕焼け雲も見えた。

処暑とは