秋分の日、彼岸の中日。午後から曇り空

二十四節気・秋分

天文学的に言うと太陽が黄経180度の点で天の赤道を横切り北半球から南半球に入る。その時刻を含む日を秋分の日という。国民の休日になっている。2018年は9月23日。

太陽は真東から出て真西に沈む。夜と昼の時間がほぼ等しくなる。ことしは午前中青空が見えたが午後からは曇り空。太陽の動きははっきり見えなかった。

秋分の日 9月23日の空 午前中は青空が広がったが午後からは曇り

旧暦では秋分を含む月を8月と決めている。旧暦8月15日の十五夜の月が中秋の名月。2018年は9月23日が秋分、24日が中秋の名月と続いた。

秋分を含む7日間を彼岸と呼ぶ。

秋分の日が近づくと夕日は真西方向に沈む=2018年9月19日、福井県坂井市サンセットビーチ
秋分の日が近づくと夕日は真西方向に沈む=2018年9月19日、福井県坂井市サンセットビーチ

9月20日が彼岸の入り。9月23日が彼岸の中日。9月26日が彼岸の明け。

秋分の正午の日ざし真向にす 菅裸馬

秋分の男松より夕日さす 田平龍胆子

の二十四節気は白露 9月8日

次の二十四節気は寒露 10月8日