春分、曇り空風強く野原には春の花

二十四節気・立春

2019年の立春は3月21日。東京や福岡でソメイヨシノが開花するなど暖かい地域も多かった。また日本海に発達した低気圧が進み、中国地方で春一番が吹いた。

秋分の空。曇りで風が強かった=2019年3月21日「

北陸地方も風が強く曇り空。風速は福井市で瞬間風速が午前中に15メートル近くになるなど強風が吹いているが、北陸の春一番は既に「立春」の2月4日、全国に先駆けて吹いている。気温はまだ低く桜の開花はもう少し先だ。畑や野原にはいろいろな花が咲き春を感じる。

立秋は夜と昼の時間はほぼ同じになり、これからはどんどん昼の時間が長くなり、暖かくなっていく。太陽は真東から上がり真西に沈む。

【歳時記】 春の季語だ

春分の西も東も海ばかり  中村棹舟

春分や手を吸ひにくる鯉の口  宇佐美魚目

春分の田の涯てにある雪の寺  皆川盤水

前の二十四節気は啓蟄・3月6日

次の二十四節気は清明・4月5日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする