雲の風景に秋の気配・鶺鴒鳴

七十二候・鶺鴒鳴(せきれいなく)

七十二候の第四十四候は鶺鴒鳴(せきれいなく)。2020年は9月12日。セキレイはスズメ目セキレイ属の小鳥で日本では民家近くの林や屋根裏、土手などに広く生息する.長い尾が特徴。尾を振って地面をたたくように走る。

Sponsored Link

 「チチチ」と高い鳴き声に特徴がある。七十二候はこの鳴き声が秋を迎えて響くころを現すのだろうか。

 12日は朝から晴れ渡り、巻積雲や積雲など白い雲が青空に流れていく空が秋を感じさせた。


【歳時記】鶺鴒は秋の季語

鶺鴒のとゞまり難く走りけり  高浜虚子

鶺鴒のひるがへり入る松青し  水原秋桜子

せきれいの翔りしあとの透明感   柴崎千鶴子


前の七十二候は草露白(くさつゆしろし)・9月7日

次の七十二候は玄鳥去(つばめさる)・9月17日

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク