処暑迎え残暑戻り、青空入道雲

七十二候

二十四節気・処暑、七十二候綿柎開(わたの はにしべ ひらく)

 立秋に続く二十四節気は「処暑」。残暑がおさまるころを意味する。2021年は8月23日。

 今年は立秋以降暑さはおさまり、雨模様で北陸では30度を下回る日が続いていた。しかし「処暑」の少し前から天候が回復しまた30度を超える日が現れた。

 七十二候は第四十候、綿柎開(わたの はにしべ ひらく)。柎は花の萼(がく)を意味する。綿の実を包んでいた綿毛に守られた萼がはじけて種が飛び出すころ。


 【歳時記】秋の季語

水平にながれて海へ処暑の雲 柿沼茂

目薬の処暑の一滴頬伝ふ  岡本彦弥


前の二十四節気は立秋・8月7日

次の二十四節気は9月7日・白露

二十四節気一覧

前の七十二候は蒙霧升降・8月17日

次の七十二候は天地始粛・8月28日

七十二候一覧

タイトルとURLをコピーしました