最後の七十二候、寒気緩み雪止む

七十二候・鶏始乳(にわとり はじめて とやにつく)

 七十二候の最後、第七十二候は「鶏始乳(にわとり はじめて とやにつく)。春の訪れを感じた鶏が卵を産み始めるころという。

Sponsored Link

 七十二候の最初は立春。終わりは大寒。最後の七十二番目の候は、冬から春への移り変わりを意識している。

 2021年は1月30日。ちょうど1月最後の寒波がやってきていたが、北陸では心配したような大雪とはならず、朝から青空も見えてきた。


前の七十二候は水沢腹堅(さわみず こおりつめる)・1月25日

次の七十二候は東風解凍(はるかぜ こおりをとく) 2月3日

七十二候一覧


 

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク