積雪再び、ウグイスまだ鳴かず

七十二候

七十二候・黄鴬睍睆(うぐいすなく)

  七十二候の第二候。春を知らせる鳥、鶯(ウグイス)が鳴き始める頃。立春に続いてさらに春が近づいてくる感じの言葉だ。

 2021年は2月8日。

 「ホーホケキョ」と鳴くウグイスだが、鳴き始めはピーチクさえずっている感じでそれがだんだんうまくなっていく。

 8日は冬型の気圧配置となり北陸ではまた冬に逆戻りした。鶯の姿は見えず、声も聞けなかった。


 前の七十二候は・東風解凍(はるかぜ こおりをとく)・2月3日

 次の七十二候は・魚上氷(うお こおりを いずる)2月13日

 七十二候一覧


タイトルとURLをコピーしました