九頭竜川越しの白山が一番美しい

 晴天で暖かい小春日和となった2019年12月10日、福井県奥越地方に行ったついでに奥越の山々の風景を楽しんだ。さらに福井県で北陸の名山、白山がきれいに見える場所も探した。

Sponsored Link

 以前から奥越と呼ばれた地域だが、県外からわかりにくいということで最近は奥越前という呼び方を行政は広めようとしている。ただ奥越という方がしっくりする。

 奥越は岐阜県境と接する大野市と石川県境に接する勝山市の2市で成り立つ。以前は町村もあったが、大野市が近隣と合併を繰り返しいまのかたちとなった。どちらも周囲の山のきれいな市だが、大野市の市街地からは白山は見えない。その代わり日本100名山の荒島岳など変化に富んだ山がある。

スキージャム勝山のコースがくっきり法恩寺山、手前に雁が原スキー場と恐竜博物館

 勝山市には奈良時代に白山を開いたという僧、泰澄とゆかりの深い平泉寺があるなど白山は身近な山だ。冬になると市街地の北東の方角、前の山が低くなったところから真っ白な山容が現れる。市街地を少し離れた地区では恐竜博物館やスキージャムのある法恩寺山と並んで白山が見える。法恩寺山はスキーコースだけが白くなっている。

 町の中央を流れる九頭竜川から見た白山が最も美しい。九頭竜川左岸に沿って走るえちぜん鉄道からは市街地と川と一緒に見える。小舟渡駅の手前の小高い駐車場からは川の流れや周囲の紅葉した山々、時々下を電車も通る。

 駐車場からはちょっと電車の架線が邪魔だが、少し歩いて駅にいくと近くに絶好の撮影ポイントがあった。午後4時前には山の横に月も上がってきた。目の前の風景は全て奥越の勝山市だが、撮影場所だけは隣町の永平寺町だ。

小舟渡駅に到着した勝山行きのえちぜん鉄道

 多分福井県内ではここが一番白山がきれいな場所だと思う。

Sponsored Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする